【感動秘話】マッカーサーを感動させた昭和天皇の言葉

第二次世界大戦が終戦を迎えた1945年。

直後の同年9月27日、昭和天皇はただ一人の通訳のみを連れて、マッカーサーの前に立たされたのです。

≪スポンサーリンク≫

 

マッカーサは陛下が命乞いに来たと勘違いし、傲慢不遜にもマドロスパイプを口にくわえてソファーから立とうともしなかった。

陛下は直立不動のままで国際儀礼としてのご挨拶を終え、こう言われました・・・

次ページへ続きます

関連記事