【悲劇】爆竹入りパイナップルを食べてしまった妊娠中のお母さん象 → 雌象は激痛と恐怖で・・・

【悲劇】爆竹入りパイナップルを食べてしまった妊娠中のお母さん象 → 雌象は激痛と恐怖で・・・

2020年5月27日、インド南部ケララ州の街マッラプラム郊外の自然保護区で痛ましい出来事が起こりました。

自然保護区で暮らす妊娠中の雌象が食べ物を探しているうちに、保護区域を外れ人間の生活圏内に入り込み、農園に足を踏み入れてしまったのです。この地域では村人たちが野生動物から農作物や家屋を守るために、果物に爆竹を詰め込んだ罠を日常的に用いていました。その農園にも農作物を荒らすイノシシなどの動物による獣害を防ぐために、パイナップルに爆竹を仕込んだ罠が仕掛けられていたのです。

何の疑いもなく、罠のパイナップルを食べようとした雌象の口の中でパイナップルは爆発。雌象は口に重傷を負い、お腹の赤ちゃん象とともに命を落とすという悲劇的結末を迎えたのです。

≪スポンサーリンク≫

この痛ましい出来事が報じられると、象を痛ましい死に追いやった地元住民の罠を用いる習慣に対して世界中から非難の声が上がりました。口の中でパイナップルが爆発した直後、雌象は激痛と恐怖からパニックに陥りマッラプラムの通りを走り、ワライヤ川に浸かり、水中で必死に大火傷を負った口腔内を冷やそうとしました。

森林保護当局の森林警備隊として勤務するモハン・クリシュナンは川の中から出てこようとしない雌象の救出を試みました。怯え切った雌象を仲間の象が落ち着かせている間に、雌象を川から岸へと誘導しようとしましたが、激痛に苦しむ雌象は頑として水中から上ろうとはしませんでした。

妊娠中の雌象の痛ましい姿にショックを受けたモハン。フェイスブックに事件に対して憤るコメントを投稿すると、世界各地から大きな反響が寄せられました。

「雌象は人間をすっかり信じきっていたのに、パイナップルが爆発した瞬間の雌象の恐怖と衝撃、それに産まれてくるはずだった赤ちゃん象のことを思うとやりきれない。痛みでパニックになって通りを走っている時ですら、雌象は誰1人として傷つけるようなことはしなかったのに…家屋を壊すようなこともしていないのに!」とモハンは胸の内をフェイスブックに投稿しています。

パイナップル爆発被害から数日後、川の中で息絶えた雌象の亡骸をモハンは森の中に運び、手厚く埋葬しました。

次ページへ続きます

関連記事