【衝撃裏技】冷房が苦手な方や節約に・・・扇風機とペットボトルで作る『除湿効果付き簡易クーラー』が凄すぎる!!

【衝撃裏技】冷房が苦手な方や節約に・・・扇風機とペットボトルで作る『除湿効果付き簡易クーラー』が凄すぎる!!

高温多湿の状態が続く日本の夏。除湿機やエアコンはそんな暑さの厳しい日本の夏に欠かせないものとなっています。

しかしそんな快適なエアコンですが、実際には外気との温度差や冷たすぎる風によって逆に体が冷えでだるくなってしまうというパターンも。また長時間つけているとその電気代も気になるところ。

そこで今回は、エアコンを使わずに体が喜ぶ簡単お部屋の冷却方法をご紹介。使うのは扇風機と水を入れて凍らしたペットボトルのみ。この方法なら、エアコン同様に今の季節に厄介な除湿もできることから、梅雨の季節や寝苦しい熱帯夜に特におすすめです。

≪スポンサーリンク≫

扇風機とペットボトルで作る簡単冷却&除湿方法

用意するもの:

・扇風機
・水を入れて凍らしたペットボトル(1〜2Lサイズのもの)1本 ※なければ500mlを2〜3本用意します。
・ペットボトルを乗せるトレイ(バットやボウルのようなもの)またはタオル

方法:

扇風機の前に受け皿を置きそこに水を入れたペットボトルを置きます。扇風機をスイングさせれば部屋全体に冷たい空気が行き渡ります。

とても簡単な方法ですが、この水を凍らしたペットボトルを通して運ばれる空気は、ただ単に冷たいだけでなく、除湿もされているのだそうです。

それは、凍らせたペットボトルを置くことによって室内の湿気を含んだ空気が急激に冷やされ液体(水)に戻ることで除湿効果が得られるという仕組みから。

これは「凝縮」という、気体が液体になるときの物質の変化を表す現象。暑い夏に冷たい飲みのものを飲むとグラスの外側に水滴がつくのも、この凝縮が起こっている状態で、グラス周りの空気中の水分が急激に冷やされたことによって液体に変化したもの。

この仕組みを利用し、発泡スチロールの箱と保冷剤やペットボトルを使用して簡易クーラーを作る人もいました!

次ページへ続きます

関連記事