【驚愕】女子高生コンクリート詰め殺人事件・・・鬼畜の所業と言われた事件、その犯人たちの現在は!?

【驚愕】女子高生コンクリート詰め殺人事件・・・鬼畜の所業と言われた事件、その犯人たちの現在は!?

女子高生コンクリート詰め殺人事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは、
1988年11月~1989年1月の間に起きた、猥褻略取誘拐・監禁・強姦・暴行・殺人、
死体遺棄事件のことを言います。

事件は、1988年11月25日夕方に起こりました。

≪スポンサーリンク≫

埼玉県三郷市内で、女子高生(事件当時17歳)が
不良少年グループに拉致されたのです。

その女子高生は、約40日間にわたり東京都足立区綾瀬の加害者宅に監禁されて暴行・強姦を受け、
集団リンチが原因で1989年1月4日に死亡。

そして、あろうことか、遺体をコンクリート詰めにして、
東京湾埋立地に遺棄したという信じられない事件です。

この女子高生コンクリート詰め殺人事件は、極めて残忍で、
少年犯罪としては凶悪すぎるため、日本社会に大きな衝撃を与えました。

そしてこの事件は、暴行・陵辱の限りを尽くした凶悪さ故に、
少年犯罪という少年法の制限を疑問視する声も社会から噴出しました。

被害に遭われた女子高生(あえて実名は伏せます)は、
当時身長165cm体重が51kgあったのに、亡くなった時、
35kgしかなかったことでも、事件の凄惨さが窺い知れます。

ここから、犯行に及んだ当時の少年たちの現在を掲載します。
犯行は、一生かけても償いきれるものではありません…!

次ページへ続きます

関連記事