【驚愕】心臓が停止した後、脳内で何が起こるのか・・・研究で明らかになった「心肺停止後の脳活動」

【驚愕】心臓が停止した後、脳内で何が起こるのか・・・研究で明らかになった「心肺停止後の脳活動」

死んだら何が起こるのか。

それは人間が太古の昔から持ち続けてきた疑問です。天国や地獄にいくのか輪廻転成を繰り返すのか、それはまだ誰にもわかりません。

しかし、ニューヨーク大学の研究によって、死後に関する謎が少し明らかになってきています。

≪スポンサーリンク≫

死亡宣告をされた患者たちの脳の活動を研究

病院で死亡宣告をされた患者たちの脳の活動についての研究が行われました。

心臓が停止すると全身の器官に流れる血流が止まり、生命維持に重要な役割を持つ脳幹への血液供給が途絶えると、まばたき咽頭反射(喉の奥を触るとおえっと吐きそうになる反応)をしなくなります。

つまり脳幹への血流が途絶えると、体は反射反応をしなくなります。それでも、脳の「思考する部分」はもう少し長く機能していると考えられてきました。数秒から数時間かけて脳の思考する部分もゆっくりと機能を停止していくのです。

この仮説を実証しようと、ニューヨーク大学の研究者たちは、4年間にわたって心拍停止から生還した患者たち140名にインタビューを実施。

研究結果は専門家たちの予想を超えたものでした…。

次ページへ続きます

関連記事