俺の彼女はシングルマザーだった。しかしその彼女の子供に重い疾患が見つかり、手術費用と引き換えに俺は2人に別れを告げることになった ⇒ そして10年後・・・

俺の彼女はシングルマザーだった。しかしその彼女の子供に重い疾患が見つかり、手術費用と引き換えに俺は2人に別れを告げることになった ⇒ そして10年後・・・

長いけど書いちゃうぞ~
生い立ちから書くから長いし
自分語りキモ~なので、創作と思って軽く流し読みしてください

≪スポンサーリンク≫

記憶にないくらいの幼少期に育児放棄(消極的な児童虐待?)を受けて俺は施設で育った
定時制高校に通っていた時、初めて彼女ができる

彼女は5歳上の20歳で2歳の子持ちシンマザ
俺が老け顔だったためか、彼女が若く見えるからか年齢差があると思われたことは無い

毒親の元で育った彼女は中学卒業と同時に働き始め、親からの独立を目指すも、毒親の搾取のためにロクに稼げなかった
安直に「女の職業」に行かなかったのは、毒親と同じ道を歩みたくないという一心だったそうだ
和服を着る飲食店で年齢をごまかして働いているときに、年配男性に見初められ愛人として生活するようになる
多分にファザコンが影響していたらしい
飲食店での稼ぎのほとんどを親に渡し、愛人によるお手当をすべて貯金に回し、家を出るタイミングを見計らっていたところで妊娠
家族が欲しかった彼女は、一人でも出産すべく、愛人に迷惑がかからないように行方をくらます
他に頼れるものもないため、毒親の元に戻り独立用の貯金をすべて親に渡して協力を仰ぎ、なんとか出産する
そこへどうやって突き止めたのか愛人の奥さんがやってきて、穏やかな話し合いの後、そこそこのお金を貰い、本当に愛人との縁を切ることに
それでも彼女はやっとできた家族に大喜びだったそうだ

次ページへ続きます

関連記事