【注意喚起】覚えておいてほしい!ライフセーバーが教える『海水浴に潜む7つの危険』

【注意喚起】覚えておいてほしい!ライフセーバーが教える『海水浴に潜む7つの危険』

梅雨が明ければ夏本番、海水浴&プールシーズンの到来です!しかし、水と危険は常に隣り合わせだということを忘れてはいけません。 溺死は世界の人々の死因(意図的でないケース)トップ3位に入るほどで、毎年36万人もの人々が水に命を奪われています。特に溺死・水死する危険性の高いグループは、若い男性と子どもだそう。

そこで今回はみなさんに海やプールなど水辺の事故を防ぐため、監視指導を行う人命救助のプロ・ライフセーバーに聞いた「水辺で守るべき7つの原則」を紹介します!しっかりと心得て安全に海水浴やプールを楽しみましょう。

≪スポンサーリンク≫

1. 人は映画のように溺れない

現実世界では、映画のように大きな音を立てて、腕を振りながら人が溺れることは稀で、音を立てずに静かに溺れていくことが大半です。さらに人はわずか30センチの水位でも溺れるといわれ、さほど水が深くないように思える場所でも注意が必要です。

海面や水の表面から頭が少ししか出ていないような子どもは、水がいつ口に入ってもおかしくないため、特に危険です。また口を開けて空を見上げているような格好で浮いている人を見かけたら、すぐにライフセーバーを呼んで下さい。自分で助けようとはせず、助けを呼ぶことが重要です。

2. 監視員が「走るな」と言う時は、絶対に走ってはいけない

規則やルールを守らない子どもは少なくありませんが、大人でもルールに従うことができない人がたまにいます。でもプールや海水浴場などでの注意事項には、ちゃんとした理由があるのです。裸足のまま、濡れて滑りやすくなっている床を走ったことで、今まで何人もの人々が痛い目に遭っています。

3.監視員やライフセーバーにむやみに話しかけない

監視員やライフセーバーがいるからといって、もちろん100%安全なわけではありません。人間ですから、たまたま溺れている人を見落としてしまうこともあるでしょうし、注意が散漫になっていることも少なくありません。そのため、質問がある場合や助けを必要としている場合を除いては、極力彼らと長話をしないようにして下さい。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事