【困惑】コロナ対策のサーモグラフィーで下着がバッチリ映る事態に!?→「羞恥心が…」「プライバシーの侵害だ!」

【困惑】コロナ対策のサーモグラフィーで下着がバッチリ映る事態に!?→「羞恥心が…」「プライバシーの侵害だ!」

新型コロナウイルスの感染予防対策として、公共の場で体温を感知するサーモグラフィーを導入しているところもあると思われますが、どうやらそのサーモグラフィーには思わぬ落とし穴があるようです。

体温を正確に感知するがあまり、人の服が透けることで下着まであらわになってしまうという事象が起こることが判明しました。

≪スポンサーリンク≫

サーモグラフィーで下着丸見え!?

それは韓国での出来事。

韓国では現在、新型コロナウイルスの「第2波」が訪れていることでサーモグラフィーを導入するところも多いです。しかし、建物の入り口に設置してあるサーモグラフィーが思わぬところで騒動になっているとのこと。

人の体温を一発で感知できるメリットがある一方、服が透けてしまうことで下着のラインもバッチリ映ってしまうのです。

こちらの女性はどうやらワンピースを着ているようですが、中の下着が見事に映ってしまっています。

韓国では現在真夏に近づいているということもあり、薄着で出歩く方も増えているがあまりモニターに鮮明に映ってしまっているようです。

厚着であれば透けて映されることもないと思われますが、季節的にそれは厳しいですよね…。

次ページへ続きます

関連記事