【衝撃】3億円事件の犯人名乗り出た?!「モンタージュ写真の男は私が殺した」→ その信憑性、そして真相は・・・?

【衝撃】3億円事件の犯人名乗り出た?!「モンタージュ写真の男は私が殺した」→ その信憑性、そして真相は・・・?

突如名乗り出た『犯人』

1968年12月10日、東京都府中市で発生した三億円強奪事件は、戦後最大のミステリアスな未解決事件として、今なお人々の脳裏に焼き付いています。

既に1975年で時効を迎えた事件ですが、一滴の血も流さず犠牲者を出さなかった手口の鮮やかさ、奪われた現金も保険で補償されたことなどから、実行犯は一種のヒーローのような扱いを世間やマスコミから受けていたほどです。

そんな3億円事件ですが、発生から50年経った2018年、犯人と名乗る男が「息子に背中を押された」として、ネットの小説投稿サイトに事件の真相を暴露し、物議をかもしています。

≪スポンサーリンク≫

戦後最大のミステリー・未解決となっている3億円事件とは

1968年12月10日、東京都府中市にて発生した現金強盗事件。日本犯罪史において最も有名な犯罪であり、未解決事件のひとつ。

「この車にダイナマイトが仕掛けられているという連絡があった」──東芝府中工場に運ぶ途中、従業員4600人分のボーナスを積んだ現金輸送車が、白バイ警察を装った人物に呼び止められた。その人物は車体の下を調べるフリをしながら発煙筒に火を点けると、「爆発するぞ!」と乗務員4人を外に出し、輸送車を奪って逃走した。

その劇場的かつ鮮やかな手口、死傷者をひとりも出さなかったこと、奪われたボーナスは保険会社から補填されたこと、さらに大捜査も及ばず迷宮入りするという展開から「戦後最大のミステリー」となった。金額は、当時の貨幣価値で10億円とも20億円とも言われている。

引用元: poplar.co.jp/pr/sanokuen/

◆犯行に使われた偽の白バイ

核心に迫る情報とは

自分が3億円事件の犯人だと名乗る人物は名を『白田』と言い、インターネット自作小説公開サイト「小説家になろう」に暴露小説を数回にわたり発表しました。

それは事件の真相を捜索ではなく事実の話として公開したため、大きな話題となりました。更に「警察しか知りえない情報」として核心に迫る情報まで書き込んでいました。

〈私が準備していた「あるもの」。それは……。--警察手帳。(中略)私はこの警察手帳をアタッシュケースの中に入れることにしました(中略)この警察手帳は正式な遺留品として公開されていません〉

警察手帳は、「白田」とともに強奪計画を立てた親友のS(省吾)の父親のもの。白バイ隊員だったという。

確かに、当時の報道を見る限り、警察手帳が残されていたという記述は見つからない。それが“もしかしたら真犯人だけが知っている話なのかも”と興味をかき立てているようなのだ。

引用元: zakzak.co.jp/soc/news/181018/soc1810180010-n2.html

次ページへ続きます

関連記事