【あの人は今】香田晋がひっそりと芸能界を引退した理由、そして現在の職業はなんと・・・

【あの人は今】香田晋がひっそりと芸能界を引退した理由、そして現在の職業はなんと・・・

あの人は今!ひっそりと引退していた香田晋

演歌歌手・香田晋は1989年に『男同志』でデビューし、その年の日本レコード大賞新人賞を受賞しました。

1992年発売の『手酌酒』は21万枚のヒット、1994年には『夢いちど』で紅白歌合戦に出場するなど、演歌歌手として名声を築いた香田晋。

≪スポンサーリンク≫

香田晋の引退理由は…

転機が訪れるきっかけは、2005年から出演したフジテレビ『クイズ!ヘキサゴンII』でおバカタレントとして人気が出たことでした。

漁師のような鉢巻をした格好で出演し、その珍解答ぶりから「先生」と呼ばれていました。

ここで人気を得たことで、歌以外のグルメのレポートやトーク番組などの仕事が増えていきました。

香田晋は人気絶頂で喜んでいたのかと思いきや、精神的に追い込まれていたとか・・・

「バラエティー番組に出ているとき、”なんで、自分はここにいなくちゃいけないのかな”って思いながら座ってるんですよ。もう呼ばれないようにしようと思って、ワーッて無茶やってみるんだけど、それが逆にウケちゃって。」

引用元: jprime.jp/articles/-/5147

それが本業の歌にも影響を及ぼし始め、歌えなくなってしまったといいます。

「そのうち、歌もなかなか思いどおりに歌えなくなってきてしまった。声が出ないというか、イメージどおりに歌えない。そうなると、トークでごまかしたり、演出でごまかしたりして逃げるようになった。」

引用元: jprime.jp/articles/-/5147

心の中はズタズタになり、精神科にも通院していた香田晋は、2012年4月に所属事務所ゴールデンミュージックプロモーションを退社し、芸能界から引退しました。

「どんどんと、精神的に追い詰められて、それで、芸能界から逃げ出したんです。ファンのみなさんに対して本当に申し訳ないと思っています。応援してくださった方々に、謝らないといけないですね。申し訳ないという気持ちは今でもあります。事務所に対してもレコード会社に対しても、大変迷惑をかけてしまいました」

引用元: jprime.jp/articles/-/5147

そんな香田晋は現在・・・

次ページへ続きます

関連記事