【驚愕】麻原彰晃の異常な生活!オウム真理教・教祖がダーキニーに強要した内容がエグすぎた・・・

【驚愕】麻原彰晃の異常な生活!オウム真理教・教祖がダーキニーに強要した内容がエグすぎた・・・

麻原彰晃とダーキニーの生活!

オウム真理教とは、麻原彰晃(本名:松本智津夫)を教祖とし、
救済という名目の元、教祖自身が日本の支配者になることを目論んでいました。

オウム真理教は、世界各国での軍事訓練や軍事ヘリの調達まで行いました。
自動小銃の密造、化学兵器の生産まで実行していたのです。

≪スポンサーリンク≫

 

そして、1980年代から1990年代にかけて、数々の事件を起こし、
29人が死亡しています。(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)。

また、教祖と信者の異様な関係が取り沙汰されました。
なかでも、ダーキニーとは、女性からなる「大奥」のような組織です。

教祖・麻原彰晃に若い女性信者が、
性的な奉仕をすることを目的にした組織だったと報道されています。

オウム真理教、3大事件とは?

数々の事件や犯罪を犯しているオウム真理教ですが、とくに世間を騒がせた3つの事件がありました。

1.坂本堤弁護士一家殺害事件(1989年)

1989年11月に、オウム真理教に、対立する弁護士と、その家族を殺害しています。

2.松本サリン事件(1994年)

オウム真理教・松本支部立ち退きを求める訴訟に絡み、
担当判事殺害を計画しサリンを散布しました。

1994年6月27日の、この事件では、7名の死者、および数百人の負傷者を出しています。

これらの事件も衝撃でしたが、その後さらに世間を恐怖のどん底に突き落とす事件を起こしました。

次ページへ続きます

関連記事