【驚愕】日本では絶対不可能!?中国のみ存在する衝撃的な大会6選

【驚愕】日本では絶対不可能!?中国のみ存在する衝撃的な大会6選

中国では様々なお祭りやイベントがたくさん開かれることで有名です。

土地も広く、地域によってお祭りの開催方法も異なるため、お祭りの一環として多くの大会が開催されます。

その中には私たちの目を疑わせる異色の大会も多いようです。絶壁からビキニを着てウォーキングをしたり、数十人の成人男性が裸で川に飛び込んでアヒルを捕るなど、想像を絶する大会が毎年開催されています。

そこで今回は、特に衝撃的な中国ならではの大会6選を紹介したいと思います。

≪スポンサーリンク≫

1.熱い温泉の中で唐辛子を早く食べる

辛い食べ物が好きでよく食べるという有名な四川、湖南、貴州、江西などの地方では毎年、地方特産物を広報するための一環として様々唐辛子を食べる大会が開かれます。その中でも最も有名な大会は江西省宜春市で毎年開かれる、温泉の中で唐辛子を食べる大会です。

暑い夏に開催されるこのイベントでは、熱を帯びて唐辛子をたくさん溶いた温泉にうずくまって唐辛子を食べる大会を行うのです。挑戦者たちは笛の音とともに赤い唐辛子を食べ始めます。 40度に達する蒸し暑さの中で汗を流しながら競争を続けます。暑い天気のせいで汗がぽたぽたと落ちても、辛いものを食べれば、むしろ暑さに打ち勝つことができるという信念からだそうです。昨年の優勝者は1分に20個のとうがらしを食べてチャンピオンになり、賞金で24k黄金とうがらし模様のゴールドバーをもらったそうです。

2.姿勢が特殊であるほど加算点、長キス大会

中国安徽省では珍しい姿勢で長くキスするカップルを選ぶ「異色キス大会」が開かれ話題となりました。男性が女性を持ち上げた状態で最も長くキスを交わすカップルを選ぶのですが、 参加者は様々な姿勢でキスをしなければならず、一番長い時間同じ姿勢を維持したカップルが1位になります。中国の「恋人の日」である七夕には、安徽省だけでなく、多くの地域でキス大会を開催するそう。中国政府は西洋の風習であるバレンタインデーより中国の伝統風習である七夕を恋人の日に記念し奨励するからだそうです。

そのため、地方自治体は名節のようなこの日を記念して大会を開き、約5000元(約76,000円)を賞金として提供しています。 歴代優勝者の中には2時間43分間キスを続け、最長時間記録を立てたカップルも。

3.「見ただけでも気持ち悪い」昆虫食い大会

2019年、雲南省麗江の千古清観光地では昆虫の天ぷらを食べる大会が開催され、注目を集めました。

竹虫、水とんぼ、蚕のさなぎなど様々な昆虫が天ぷらの材料として使われました。 最後には重慶から来た参加者が5分間で1kgの昆虫を食べて優勝し、銭古慶観光地から純金ゴールドバーを副賞としてもらいました。昆虫の天ぷらは中国人に愛されるおやつとしても有名。中国の夜市場に足を運べば、昆虫の天ぷらコーナーを目にすることができます。もちろんビジュアルには嫌悪感があるものの、食材コストはそれほどかからない上、たんぱく質が豊富であるために、各地方政府がこれを礼賛し、広く普及しているとのこと。

昆虫食い大会も人々の昆虫に対する偏見を破り、昆虫食を広めることを目的に開催されています。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事