【スカッと】ぶつかったお爺さんを恐喝するホスト3人組。爺「今、家の者を呼びますから…」ホスト「早よしろ!」⇒ すると、黒塗りの車が到着して・・・

大阪のミナミにある宗右衛門町っていう、ホストクラブやキャバクラ、無料案内所だのが集まった所謂「夜の街」での出来事。並んで歩いてた3人組の若いホストのうちの1人が杖をついたお爺ちゃんにぶつかった。

「ジジイどこ見て歩いとんじゃゴラ!」

と、ぶつかったホストがお爺ちゃんに掴みかかった。

大阪の人なら分かると思いますが、そこは車同士が対向出来ないぐらいの道端&両端に通行人が行き交う狭い路地。
ただでさえ狭い道幅を占めて歩いてたホスト側に非があるのに、お爺ちゃんは「すいません、すいません」と丁寧に謝っていた。

そんな物腰の低いお爺ちゃんの態度にホスト達が調子に乗り、

「うわ今ので怪我したわ~w病院行かなアカンな~ww」
「おいどないしてくれんねんジジイ!」

と、恐喝じみたことをしてきた。

≪スポンサーリンク≫

 

それでもお爺ちゃんは「すみません、すみません」と謝るばかり。そこでとうとうぶつかったホストが

「てめーふざけんなよゴラ!」

と、お爺ちゃんの杖を蹴り飛ばした。
ここら辺で周りに集まってきた野次馬がざわつくも、関わりたくなさげに遠目から見ていただけだった。

お爺ちゃんは困った顔をしつつ、「そうですか・・・。すみません、そうしましたら家内の者を呼ばせて頂きますから・・・」と、電話を取り出してどこかに連絡した。

「おう何でもええからはよしろや!」と、お爺ちゃんが電話を切った後もホストは調子に乗って小突いたり暴言吐いたりと酷いことをしてた。

そして数分後、
狭い路地の奥から黒塗りのレクサスがすっ飛んできてホスト達とお爺ちゃんの横に停車。勢いよく開けたドアから出てきた人が開口一番にこう言った。

「叔父貴!大丈夫ですか!?」

次ページへ続きます

関連記事