コロナで修学旅行がなくなってしまった子供達。→ 添乗員の上司から言われたある言葉が胸に刺さる・・・

コロナで修学旅行がなくなってしまった子供達。→ 添乗員の上司から言われたある言葉が胸に刺さる・・・

中学にしろ高校にしろ、修学旅行は間違いなく学生生活でのビッグイベントの一つだと思います。

しかし今年はコロナの影響で、修学旅行をはじめとするイベント事はことごとく中止となり、一生に一度の修学旅行がなくなってしまったという子供達も多くいる事でしょう・・・。

もう気の毒というほかありません。

≪スポンサーリンク≫

子供たちにとって中学時代、あるいは高校時代というのは二度と来ることはありません。修学旅行は2度と経験することのできない大切な行事の一つなのです。

それがなくなってしまうわけですから…。

それでも、旅行はまた落ち着いたらすればいいという声もあるのかもしれません。

しかし、とある添乗員さんの言葉がとても考えさせられると話題になっています。

その考えさせられるツイートがこちら!!

これは突き刺さりますね…。

格差社会と言われて久しい日本。

大人になっても誰もが気軽に旅行に行けるとは限らないのもまた現実なのです。

次ページへ続きます

関連記事