【注意喚起】水で膨らむビーズの危険性

【注意喚起】水で膨らむビーズの危険性

ここ数年、ぷよぷよボールと言われカラフルで水を吸うと膨らむタイプのビーズを子供の室内遊びに使ったり、香りをつけて芳香剤にするなどインテリアの一部として使う人が増えているます。

水の中に入れると数時間で半透明でキラキラした不思議な触感のボールになるのがその特徴。

ダイソーなどの100円ショップなどでも売られています。

≪スポンサーリンク≫

これを使い、お祭りなどで見かけるぷよぷよボールすくい遊びを家でしたり、そのカラフルな見た目を利用して観葉植物の器に入れたり、芳香剤と混ぜてトイレに置いたりと用途が多く、子供も大人も楽しめることから人気です。

しかしこの水で膨らむビーズに対し、小児科医をしているNS@小児科医さん(@nuno40801)が注意を呼びかけています。

そのツイッターがこちら!

それは、水で膨らむビーズの誤飲への注意。水で膨らむという性質から、子供が誤飲をした場合に体内で大きくなり危険だということ。

数年前になりますが、国民生活センターの報告によると、2歳の幼児が誤飲し、十二指腸閉塞を引き起こし開腹手術をしなくてはならない事態になったそうです。
そして、手術によって摘出されたボールは、なんと直径4cmもの大きさがあったそう。誤飲前の大きさは直径1~1.5cm程度。体内で大きくなったことが伺えます。

こちらの動画からは、ビーズの大きくなる様子を見ることができます。また、万が一誤飲をしてしまった場合は牛乳やイオン水を飲ませ、直ちに病院で医師に診てもらうようにしてください。

その他にも同様のケースが・・・

次ページへ続きます

関連記事