【衝撃事実】みんなが普段の生活で何気なくしている、意外にも健康に悪い9つの習慣

【衝撃事実】みんなが普段の生活で何気なくしている、意外にも健康に悪い9つの習慣

実は普段の生活で何気なくしている習慣が、意外にも健康に悪いことがあります。むしろ健康的な習慣だと思っている人もいるかも…。 日常生活でちょっと気をつけたい、9つの意外な悪習慣をご紹介します。

1.大量に水を飲む

あれ、水を飲むことは良いことではなかったの?多くの人たちが思うでしょう。水を飲むことが常に健康的だとは限らないのです。1日に必要な水の量は人それぞれです。年齢、体重、運動強度、気候などの影響によって大きく影響されます。低ナトリウム血症は夏場だけの問題ではありません。真夏でなくても水の飲みすぎは体内の塩分濃度を下げ過ぎ、倦怠感や注意力の低下を引き起こすこともあります。ミネラル分を失わないようにバランスに気をつけましょう。

≪スポンサーリンク≫

2.デスクでの飲食

食べカスがキーボードにこぼれて不衛生なのはもちろん、食べること以外に意識が集中するので、消化機能が低下しやすく、胃酸が逆流したりして、膨満感や胸焼けの原因にもなります。食事中に気が散ったりストレスを感じることは消化に良くないので、食事はデスクまで持ち込まないようにしましょう。

3.脚を組む

何も考えずに無意識に脚を組んで座ることがありますが、この姿勢は左右のバランスが崩れるので骨盤と背骨の歪みの原因となります。体の他の部分にも負担をかけるので、首や背中などにも影響を与えます。このため神経麻痺、肩こり、腰痛などの原因にもなるので気をつけましょう。

4.電子レンジでポップコーン

電子レンジで調理することが体に悪いわけではありません。電子レンジで作るポップコーンの多くはジアセチルという、バターの風味を増すための食品添加物が使われています。この物質が加熱されると蒸散し、肺を痛める原因となります。そのため熱々のポップコーンを食べることは避け、冷めてから食べるようにしましょう。

5.街中でサンダル

夏場の暑い時期に人気のあるサンダルですが、まめ、虫刺され、すり傷などのリスクが高まります。これらの傷が原因で細菌感染症を引き起こすこともあります。地球温暖化でいつも以上に暑かったり、湿度が高かったりすると、感染症を起こす可能性が高まるので、今まで以上に気をつけましょう。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事