【注意喚起】スマホから出火も?!電子機器の事故を引き起こす『やってはいけない13の行動』とは・・・

【注意喚起】スマホから出火も?!電子機器の事故を引き起こす『やってはいけない13の行動』とは・・・

今や生活必需品ともいえるスマートフォン。しかし、意外と知られていないリスクも存在します。

中国で高速道路を走っていた女性のスマートフォンが突然爆発するという事件がありました。 ドライブレコーダーの記録でも、爆発音がして、ダッシュボード上の電話が炎上して煙を出している様子が確認されています。幸い、女性に怪我はありませんでしたが、一つ間違えば大事故になりかねない状況です。

日本国内でも携帯電話や電子機器の出火や爆発などの事故が報告されています。身近な電子機器の事故を避けるためにも、しっかり原因を知り、対策することが大切です。特に重要なのは「適切に充電する」こと。ここでは、事故を招いてしまう13のNG行動をご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1.充電しながら電話

充電中に電話を使用することはお勧めしません。インドでは、電話中に携帯電話を充電ケーブルに接続した18歳の少女が命を落とすといういたましい事故が起きています。携帯電話が手の中で爆発したのです。充電中にどうしても通話する必要があるなら、スピーカーまたはヘッドフォンを使用しましょう。

2.安価なケーブルや充電器の使用

純正品ではないケーブルや充電器は多数売られていますが、あまりにも安価なものは要注意です。過負荷に対する保護ロックがないことが多く、過熱による出火の原因となります。

また、急速充電ができる充電器も注意が必要です。急速充電は早くて便利ですが、本体やケーブルが劣化していると過負荷で発火する恐れがあります。充電ケーブルは雑に扱わず、ねじれないようにしてください。

3.非正規の店舗でバッテリーを修理、交換

スマートフォンやタブレットの修理代理店にも注意が必要です。中国では、無許可の店で電池を交換した後、携帯電話が爆発するという事件が起きました。

4.直射日光

携帯電話を直射日光に当てないでください。車のダッシュボードやビーチ、窓際に置きっぱなしはNGです。特に、直射日光があたるなかで充電してはいけません。オーバーヒートしてとても危険です。

5. デバイスを落とす

これは携帯電話やタブレットだけでなく、充電器などにも当てはまります。イスタンブールの空港では、男性がセキュリティチェックでパワーバンク(大容量バッテリー)を落とし、爆発して煙がでました。幸い怪我人は出ませんでしたが、スマホやタブレット以外の電子機器も取り扱いに注意が必要です。

6.バッテリーをかむ

2018年初め、中国の電器屋でiPhoneを購入した男性が、本物かどうか確かめようとバッテリーをかじったところ、端末が爆発するという事件が起きました。幸い、怪我はなかったものの、爆発はかなり大きかったそうです。電子機器を噛む人はそういないとは思いますが、危険だということは覚えておいてください。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事