【札幌爆発事故】アパマン内定の新卒(2019年新春卒)、パワハラ・ブラック企業体質に怯えるハメに・・・

【札幌爆発事故】アパマン内定の新卒(2019年新春卒)、パワハラ・ブラック企業体質に怯えるハメに・・・

アパマン内定の新卒(2019年新春卒)、怯える

2018年12月16日に起きた札幌ガス爆発事故。
幸い死者は出ませんでしたが、建造物倒壊、42名負傷の大惨事でした。

その爆発事故の原因が、不動産仲介会社「アパマンショップ」です。
従業員が、室内で消臭スプレー約120本を噴射・引火し、爆発したとされています。


佐藤大生社長(アパマンショップリーシング北海道)

店舗運営の「アパマンショップリーシング北海道」。
佐藤大生社長が謝罪会見を開きました。

≪スポンサーリンク≫

19卒、アパマン内定で悩む!

この事件は、2019年の大卒でアパマンに内定が決まった学生を悩ませました。

元々パワハラ体質が噂されますし、ブラックな企業と言われていましたが、さらに露呈する格好となったためです。

何しろ、過去にアパマンの会社の面接を受けた方が、
こう仰っています。

アパマン面接者(会社側)

「パワハラ凄いよ」

「いやもう、大丈夫?耐えられる?」

面接で自社が認めちゃうほどのパワハラ体質、それがアパマンショップ。その親会社が「APAMAN」なのです。

忙しい時期には、1ヶ月に一日の休日も許されないとの噂も渦巻いています。

その体質が、札幌での爆発事故を起こしたと言われています。

次ページへ続きます

関連記事