【衝撃の事実】意外と知られていない女性の体に関する10の事実

【衝撃の事実】意外と知られていない女性の体に関する10の事実

1970年代、ジャーナリストのグロリア・スタイネムは、もし月経が男性にのみあるもので、女性にはなかったらどうなるだろうと考えました。 そうすれば医学研究の実態が大きく違っていただろうと考えたのです。たとえば、ホルモンの影響で女性の罹患率が低い心臓発作のようないわゆる「男性疾患」はそれほど研究されておらず、月経異常や気分の変動などの「差し迫った」問題が徹底的に研究されるだろうと。

1990年代になり、女性医療が独自の専門分野として確立してきました。ようやく「人間=男性」と仮定しない医療分野がひらかれたのです。現在、この性差への関心は、女性の体についての新しい事実を次々に明らかにしています。この記事では、意外と知られていない女性の体に関する10の事実をご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1.妊娠・出産

妊娠中、女性の身体は劇的な変化を経験します。骨格や姿勢の変化による体重増加から出産時の子宮頸部の開口部の変化まで、その変動は最大10(!)センチメートルと言われています。

2.機敏

平均すると、女性は男性よりも筋肉量が少ないという事実は、女性の運動性の高さという利点につながっています。また、エストロゲンという女性ホルモンの作用で筋肉の回復が速くなり、潤滑な動きを促進します。

3.表情の読み取り

女性は男性よりも相手の表情をよく理解できます。

4.肌が敏感

女性の表皮は男性よりもかなり薄いため、低温下では女性の方が凍傷になりやすい傾向があります。さらに、女性の皮膚は、男性よりもホルモン感受性が高いので、加齢により弾力性を失いやすく、老化も早いと言われています。男性が加齢による深い皺を実感するのは、かなり後になってからなのです。

5. 世界がカラフル

女性と男性は世界の見え方が違うことがわかっています。男性の方がコントラストを感じやすく、女性は色がはっきり見える傾向があります。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事