【共感続出】会議に遅れたスペイン人を注意した → しかし返って来た言葉に反論できなかった

【共感続出】会議に遅れたスペイン人を注意した → しかし返って来た言葉に反論できなかった

こんなジョークがあります。「世界的な音楽コンクールがあった。開始1時間前に日本人とドイツ人が到着した。 10分前、イギリス人が現れる。開始時刻丁度にアメリカ人が間に合う。5分遅刻して、フランス人がすべりこむ。15分遅くイタリア人が現れる。30分以上たってからスペイン人がようやく到着する。ポルトガル人がいつ来るのか誰も知らない」

ジョークが示しているように、日本人の時間に対する正確さは世界的によく知られています。一方、スペインなどのラテン系の人々は時間にルーズと思われているようです。しかしそれは本当でしょうか?

≪スポンサーリンク≫

スペイン人のTwitterユーザーSeñor Brunsさんが投稿したツイートは大きな注目を集め、たった数日で約16万回もリツイートされ、40万ものいいねがつきました。

そのツイートがコチラ!

『俺スペイン人だから、1分2分遅れたら「さすがスペイン人」とか「ラテン系は時間守らない」と日本人によく言われますね。日本人は自分は時間を守る1位国だと思ってるけど、日本人はスタート時間しか守らない。5時半に終わる予定会議は7時半までに延長すると、俺にとって5分遅れるより酷いと思ってる。』

確かに言われてみれば、日本では遅刻には非常にうるさいものの、終了時間を過ぎて会議を延々と続けても文句は言われません。しかし「時間を守らない」という意味では、終了が遅くなってしまうのも遅刻と同じくらい悪いことなのでは…?

このスペイン人の問題提起、日本人にとっては実に耳の痛い話ですが、「よくぞ言ってくれた!」と擁護ツイートが相次いでいます。

次ページへ続きます

関連記事