【要注意】排水口に流したら惨事になりかねない日用品9選

【要注意】排水口に流したら惨事になりかねない日用品9選

1度や2度くらいの過ちではそれほどの影響はないかもしれません。でも流してはいけないものを排水口に流し続けてしまうと、必ず結果が伴います。 不快な匂いが漂い汚水が溢れ出してしまうのです。

こうなってしまったら詰まりを解消すれば良いだけの話ですが、中には積もり積もって人体や環境に危険を及ぼすものも。自宅のキッチンや浴室などの水まわり、それから環境を守るためには流さない方がいいものがいくつかありますのでご紹介します。

それではご覧ください!

≪スポンサーリンク≫

1.油

天ぷら油を排水口に流す人はいないと思いますが、シーチキン、アンチョビ、ドライトマト、オリーブなどの油漬けの食品の油は気軽に流していませんか?こちらも油分をたっぷり含むカップラーメンのスープは?少量だからとついつい見過ごしてしまいがちですが、食品の油は少しずつ排水口やパイプの内側に油やゴミを吸着しながらべっとりとついていきます。長年放置しておくと、パイプ内にしっかりと詰まってしまいます。

古くなった油はもちろん、食品の油はゴミとして出します。新聞紙に吸わせるなどして燃えるゴミに出すのもひとつの手です。回収方法は自治体によって異なりますが、廃食用油として資源ごみとして回収する自治体もあります。缶詰や容器は内部についた油を新聞紙などで拭き取ってから捨てましょう。

2.熱湯

パスタなどの麺類の茹で汁や、カップ焼きそばを作った後のお湯などをそのままシンクに流していませんか?キッチンの排水口より下の配管部分には、一般的に塩化ビニル樹脂などが使用されています。塩化ビニル樹脂は62℃から72℃で軟化します。

頻繁に熱湯を流すことで、配管部分が変形・破損してしまう可能性があるのです。鍋で沸かした熱湯を流す場合は、一緒に水道から大量の水を流して温度を下げながら流すようにするか、ボールに受けるなどして冷ましてから流すようにしましょう。

3.コーヒーの粉

消臭効果があることで知られるコーヒーの粉ですが、これで排水管をきれいにできるという都市伝説が存在しています。コーヒーの粉が紙ヤスリのように配管内の汚れを削り取っていくという理由から、出がらしを排水口に流してしまえということらしいです。

絶対に排水口に流してはいけません。コーヒーの粉もまた油脂を多く含見ます。油脂を含む物質は、くっつき合う性質があるのでむしろ詰まりを悪化させてしまいます。出がらしのコーヒーは生ゴミとして捨てたり、肥料として使うようにしましょう。

4. 小麦粉

日本ではその昔ご飯粒を糊の代わりに使うこともありましたが、ヨーロッパでは小麦粉を使っていたそうです。小麦粉と水を混ぜるだけで岩のように固く固まる強力接着剤が出来上がるのです。

つまり、小麦粉は排水口に流してはいけない物なのです。調理台に散らばった小麦粉はサッと掃いて乾拭きするか、濡らしたキッチンペーパーなどで拭き取りゴミ箱へ。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事