【恥の新境地開拓】穴がったら絶対に入っていたであろう赤っ恥事件簿13選

【恥の新境地開拓】穴がったら絶対に入っていたであろう赤っ恥事件簿13選

「穴があったら入りたい」そんな恥ずかしい体験は誰だって一度や二度は身に覚えがあるものです。 もう随分と前のことなのに、たまに思い出しては心の中で叫んでいる人もいるかもしれません。

でもご安心ください。忘れたくても忘れられない赤っ恥体験を抱えているのはアナタだけではありません。

今回は、ネットに投稿された13人の恥ずかしいエピソードを紹介します。もし自分が当事者なら、穴がなければ掘ってでも入りたい赤面エピソードです。どうぞご覧ください。

≪スポンサーリンク≫

1.「子供用ヘアクリップを買いに来たお客さんが素敵な香水をつけていたので、『とっても良い香りですね、どちらの香水ですか?』と聞いたら…香水は全然つけてなくて、それどころか香りの正体がニットにぶちまけたビールだということが判明したとき」…お客さんの方がよっぽど恥ずかしいかも。

Smell that fresh hair

2.「店員に商品を探してもらいながら世間話。オンラインショップで利用者がくだらない物ばかり注文するから全然休みがないと言う店員。『で、何を注文したんですか?』と彼に聞かれた私はものすごい罪悪感に襲われた。だって、こんなくだらないのを注文してたから…」

3.「公園で遊んでたら、女の人が大声で『アイスクリームが欲しい子はここにおいで!』と叫び、周りの子たちが走っていった。女の人は集まった子たちにアイスクリームを渡し、私の番になったら『あら、あなた誰?』って。

どうやら周りのよその子たちはみんな家族だったみたい。あれから30年が経ったけど、未だに思い出しては恥ずかしくなる」

She Loves Ice Cream

4.「タクシーの運転手に『そのうっとおしい音楽を止めてくれ』と頼んだら、『このラップは自分が作詞作曲したオリジナルソングなんですけど(怒)』と言われた」

5.「私の姉がピーナッツバターサンドイッチを作っている最中に、甥っ子がオムツの中に大量のう〇ちを投下。すぐにオムツを替えたら、うっかり腕にピーナッツバターを付けていたことに気づき、舐めたら…ピーナッツバターじゃなかった!

Just some peanut butter

6.「目の前の女性が腕を大きく広げてハグ体制で来たから、『もしかして前にどこかで会った知り合いかな?』と思ってハグしたら、『ちょっと、アナタじゃないわよ!』と言われた。振り向いたら、私の後ろに彼女のハグすべき相手がポカーンと私を見てた。恥ずかしさのあまり、速攻でその場から逃走」

After a 9 month deployment I finally got to hug him.

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事