【炎上】大阪府知事が発表した「イソジンなどのうがい薬でコロナ感染予防」は本当?→ 医療関係者らから批判が相次ぐ

【炎上】大阪府知事が発表した「イソジンなどのうがい薬でコロナ感染予防」は本当?→ 医療関係者らから批判が相次ぐ

大阪府の吉村洋文知事が、殺菌効果のあるポビドンヨードが含まれたうがい薬で新型コロナウイルスへの感染が少しでも抑えることが期待できると使用を呼びかける記者会見をし、医療関係者から批判を浴びている。

新型コロナの感染予防でうがいが果たす役割は手洗いやマスクと比べて優先順位が低く、検査直前にうがいをしたら喉のぬぐい液や唾液のウイルスのみが殺されて、体内にウイルスはあるのに、正しく判定できない可能性も指摘されている。

既に買い占めする動きも出ており、医療関係者たちはSNSで口々に批判している。

≪スポンサーリンク≫

吉村府知事「うそみたいなほんとの話」

問題の発表は8月4日に開かれた府知事らの記者会見で行われた。

大阪府は、殺菌効果のあるうがい薬でうがいをすると唾液のなかの新型コロナウイルスが減り、人にうつしにくくなる可能性があるとして、本格的な研究を進めることを明らかにした。

NHKの報道などによると、吉村知事は、「うそみたいなほんとの話」として、「うがい薬でうがいをすると新型コロナの陽性者が減っていくのではないかという研究結果が出た」と述べたという。

具体的には、今年6月から先月、宿泊施設で療養していた軽症や無症状の患者、40人余に、ポビドンヨード入りのうがい薬で、1日4回、うがいをしてもらったところ、その他の患者よりも唾液の中のウイルスが減少。

うがいをした患者は4日目に唾液のPCR検査の陽性率が約9%になったのに対し、うがいをしなかった患者は陽性率が40%だったという。今後1000人規模の研究でさらに効果を確かめるという。

知事は会見で、症状がある患者や接待を伴う飲食店、医療や介護の従事者らに対し、ポビドンヨードが含まれたうがい薬でうがいするよう呼びかけた。

この会見の報道を受けて、各地でポビドンヨードの入ったうがい薬が売り切れるドラッグストアが続出。この成分の入ったうがい薬を販売する企業の株価が急騰したことも報じられた。

これを受けて医療従事者たちがSNS上で次々に批判、炎上騒ぎとなった。

次ページへ続きます

関連記事