【覚えておいて損はない!】住まい選びで見落としがちなチェックポイント7選

【覚えておいて損はない!】住まい選びで見落としがちなチェックポイント7選

住まい選びでは、内見がとても大切。住んでから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、しっかりとポイントを押さえて確認しましょう。

まず、当然ながら、広さ、価格、立地、周囲の環境などを確認。そして、意外に盲点となりがちなのが生活しやすさ。おしゃれでトレンドを意識した造りだと、一目惚れしてしまいがちですが、実は生活しづらいことも多いのです。冷静にそこに住む自分をイメージして、入居後に問題に気づいて後悔しないように、しっかり確認しておきましょう。この記事では、盲点になりやすい内見チェックポイントをご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1. 床一面カーペット敷

海外ドラマで目にすることもあるこの床一面カーペット敷スタイル。イギリス発祥とされるこのスタイルは、室内の温度を少しでも暖かく保つための工夫でした。フローリングに比べ滑りにくくて良いと言う意見もあるようですが、衛生面からあまりお勧めできません。

この投稿をInstagramで見る

Flooring4UK Carpet Warehouse(@flooring_4_uk)がシェアした投稿

2. 広いワンルームの間取り

オープンタイプの広いリビング。モデルルームで見ると、入った瞬間「素敵ー!」となりますが、生活を始めると色々と困ることも。物が増えるとそれがどこからでも全部見えるし、台所の匂いなどが家中に広がります。また、お客さんが来た時に、ほかの家族がプライベートな時間と場所をとりにくいなど、意外に使いづらいという声が多いようです。

3. カウンタートップの洗面器

最近のトレンドはカウンターの上にボウルを設置するスタイル。初めはおしゃれに見えますが、陶器のボウルを据え置くタイプは掃除が大変です。手が届きにくい場所もあって、それだけで時間と労力をとられます。さらに、カウンターの木材を水でダメにしないように気を使わなければなりません。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事