【胸糞注意】捨てられたとは知らず飼い主を追いかけ続けた愛犬。すると別の車に轢かれて・・・

【胸糞注意】捨てられたとは知らず飼い主を追いかけ続けた愛犬。すると別の車に轢かれて・・・

ペットを飼うということは慎重さと責任感が伴います。

ただ可愛いという理由で人形を買うようにペットを飼ったものの、飼いにくかったり飽きたという理由で簡単に捨てられる人にはペットを飼う資格はありません。

それにも関わらず、毎年夏になると、自宅から遠く離れた観光地に愛犬を遺棄する人たちのニュースが後を絶たず、眉をひそめることが多いのもまた現実です。

≪スポンサーリンク≫

突然車から投げ出された愛犬

8月6日(現地時間)、オンラインメディアのワールドオブバーズは、見慣れない場所で自分を捨てていく飼い主の車を追いかけて別の車にひかれてしまった愛犬の悲しいニュースを伝えました。

シンガポールの動物保護団体「ノアの箱舟野生動物保護所」によると、今月5日、保護所近くの道路に白い乗用車が突然停車し、裏口から愛犬が地面へと投げ出されました。訳も分からなかった愛犬は、再び家族が乗っていた車に乗るために、車のドアに駆けつけます。

しかし、愛犬の飼い主は、薄情にもアクセルを踏み、全速力で走り始めたのでした。

愛犬は車に乗り遅れないよう全力を尽くしたが、飼い主は車のスピードを落とそうとはしませんでした。

そして追いかけていた愛犬は、走ってきた別の車にひかれてしまったのです…。

次ページへ続きます

関連記事