【注意喚起】スポーツドリンクの過剰摂取に注意!!ヤバ過ぎる『ペットボトル症候群』とは・・・

【注意喚起】スポーツドリンクの過剰摂取に注意!!ヤバ過ぎる『ペットボトル症候群』とは・・・

各地で35度を超え、猛暑日が続くこの季節。こまめな水分補給は熱中症予防に欠かせません。

そんな中、近年、熱中症予防にスポーツドリンクが有効だという話を耳にします。

スポーツドリンクは、適量の塩分を含んでおり、また汗をかいたことによって失われるナトリウムやカリウムなどの主要な電解質も含んでいます。また糖分を含み飲みやすくしてあるため、ゴクゴクと飲むことができ、脱水状態の回復に役立つと言われています。

≪スポンサーリンク≫

 

ペットボトル症候群とは

しかし、この飲みやすさが私たちの健康にとってある危険をもたらす可能性があるのです。それが、スポーツドリンクや清涼飲料水などの摂取によって起こるペットボトル症候群という病気。

正式名称はソフトドリンク(清涼飲料水)ケトーシスと呼ばれ、清涼飲料水などのソフトドリンクを過剰に摂取したことで、その糖分によって、吐き気や腹痛、意識がもうろうとするなどといった症状を引き起こしてしまうとうもの。深刻な場合は急性糖尿病の症状が現れることもあるのだとか。

そしてこのペットボトル症候群の恐ろしいところは、これまで健康だった人にも、飲み過ぎたことによって突発的に症状が現れるということ。

スーパーやコンビニなどで手軽に買えるスポーツドリンクや清涼飲料水ですが、その多くが100mlあたり5g~10g前後の糖分を含んでいます。1個4gの角砂糖にしてみると、500mlのペットボトルで6個〜12個。1日に2本消費すれば、最も多い場合で24個もの角砂糖を口にしていることに。

厚生労働省によると、1日の適切な砂糖摂取量は成人で40g~50gがふさわしいとのこと。適度な塩分やミネラルを含み、水よりも飲みやすいからと清涼飲料水のペットボトルを2本以上飲むと、糖分が控え目なものでも1日の砂糖摂取量の目安を簡単に超えてしまうことになるのです。

こうして大量に糖分を摂取し続けると、体は必要なインスリンを十分に分泌できなくなり、血糖値が急上昇していしまいます。血糖値が上がると、ノドが異常に乾き、さらにソフトドリンクをガブ飲みすることで、ますます血糖値が上がると言った悪循環に陥るのです。

さらに・・・

次ページへ続きます

関連記事