【悲惨】『めちゃイケ』をクビになった真相に驚愕!三中元克の現在が衝撃過ぎる・・・

【悲惨】『めちゃイケ』をクビになった真相に驚愕!三中元克の現在が衝撃過ぎる・・・

三中が降ろされた本当の理由

「めちゃイケ」に極めて異例な素人枠で抜擢され、長い間レギュラーを務めていた三中元克が番組を事実上クビということで降板しました。

理由は三中元克が芸人として今後やっていける力があるか試すため、即席漫才コンビを組んでオーディションをしたものの、視聴者投票数が合格ラインに届かず、というものでした。

しかし「めちゃイケ」以外ではめったに番組に使われることのなかった三中は、まさに異色タレントとして視聴者の記憶に残りました。

≪スポンサーリンク≫

クビになった本当の理由があった…!?

SMAP時代の木村拓哉とガチで水上相撲(プールに浮かばせた土俵で)を戦い、木村にけがを負わせたことはご存知のことと思います。

また「みちのくプロレス」にプロレスラー修行をさせられたりと、ほとんど肉体派タレント扱いでした。

しかし、一方で三中が番組を降ろされた真の理由は三中の性格や行動がクズ過ぎたからという説もあるのです。

その真の理由をオブラートするためにお笑いオーディションが組まれたともいわれています。果たして真偽のほどは…

三中の性格が悪いと言われる具体例

◆スタッフやADに威張り散らす。礼も言わない。

番組に無断で友人とお笑いコンビ・ワンハンドレッド(後にサンプライズに改名)を結成。さらに6社の芸能事務所へ履歴書を送るなどして就職活動をしていたことも発覚。当時三中さんは事実上、フジテレビの準社員兼専属タレントだったため、この行為は重大な規約違反とみなされました。

引用元: career-find.jp/archives/63870/2

上記の理由がテレビ局的には大きいかもしれませんね。コンプライアンス問題に抵触してしまったのですから。「プロレス修行」を途中で逃げ出したことも番組制作側からすれば業務を遂行せず約束やぶりですよね。

◆プロレス修行から番組降板・その後までの経緯

2014年:10月、同番組企画にてプロレス団体「みちのくプロレス」に入団。

2015年:7月、みちのくプロレスから遁走。9月、前述の企画は続行不可能として打ち切りとなる。みちのくプロレスも退団。12月、友人の臼杵寛とコンビを組み「ワンハンドレッド」を結成(後にサンプライズに改名)。

2016年:2月、同番組の企画にてレギュラーメンバーとして残留するか視聴者投票が行われたが、得票数が過半数に満たなかったため番組を降板となる。コンビ名を「dボタン」に改名。

2017年:劇団「三ランポリン4アター」を立ち上げる。

2018年:1月、コンビ解散。

引用元: career-find.jp/archives/63870

元々ど素人でしかも体格もさほど大きくない(ただのデブ)三中がプロレス修行すること自体に無理がありました。辛い修行に逃げ出したのも仕方ないことでしょう。

この「三中プロレス脱走騒動」は番組内で他の出演者から責められましたが、これはある程度演出があったと思われます。

次ページへ続きます

関連記事