【賛否両論】茂木健一郎が「#Amazonプライム解約運動」に苦言 → CM出演者めぐり「立場が少しでも違うと拒絶というのは...」

【賛否両論】茂木健一郎が「#Amazonプライム解約運動」に苦言 → CM出演者めぐり「立場が少しでも違うと拒絶というのは…」

2020年8月17日の朝6時ごろから11時現在に至るまで、ツイッター上のトレンド1位に「#Amazonプライム解約運動」なるハッシュタグが浮上した。

このハッシュタグは、7月31日に公開されたAmazonのサービスアマゾンプライムの新CM出演者に異議を唱える人々を中心に広まりました。

これに対して脳科学者の茂木健一郎さんは苦言を呈したのです。

≪スポンサーリンク≫

「Amazonプライムにできたら望むことももちろんある」

話題となった出演者は、タレントの松本人志さんや、『21世紀の戦争と平和―徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』の著者として知られる国際政治学者の三浦瑠麗さん。ツイッター上では、このCMをめぐり「正直、余り見たくないCM」、「そんなに彼らは人気があるのか」といった声も。「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグを用いて解約を報告するアカウントも現れた。

これに対して、茂木さんは

と自身のツイッター上でハッシュタグに対する異議を唱えた。さらに、

とサービスへの要望もツイートした。

この「#Amazonプライム解約運動」については、とくに三浦瑠璃氏が「日本に徴兵制を」などと主張していることから、その主張に批判的な方たちなどがこの運動に参加しているようです。ただ、三浦氏の主張は徴兵制だけではないようです。

「#Amazonプライム解約運動」肯定派の方のご意見としては…

簡単に言えば、お昼のワイドショーで根拠のない北朝鮮陰謀論を堂々と力説していたわけです。そのような方を起用したことで、企業イメージを損ねてしまった、ということですね。

 

次ページへ続きます

関連記事