【閲覧注意】致死率100%のウイルスに感染した男性の症状が衝撃的にヤバイ・・・(※動画あり)

【閲覧注意】致死率100%のウイルスに感染した男性の症状が衝撃的にヤバイ・・・(※動画あり)

全身が呪いにかかったように勝手に体が動くひどい病気があります。

一度感染すると、水を一口も飲み込むことができず、手が震える極度の恐怖症状が伴うとのこと。

実際に、この病気は人類史上致命率100%に達する最悪の伝染病で、悪名高いようです。恐ろしいこの伝染病は果たして何のでしょうか…。

≪スポンサーリンク≫

その病の名は…『狂犬病』

海外のオンラインコミュニティ「Reddit」には狂犬病の疑いがある患者が、水の前で恐怖を感じる様子がそのまま撮られた映像が掲載されました。

狂犬病は狂犬病ウイルスに感染した動物から噛まれたり、傷を通じて動物や人に感染し、神経症状、脳炎など中枢神経系の病変を起こす伝染病です。症状が現れた後、最大10日以内に死亡することがわかったのでした。

実際にこの病気にかかると、感覚麻痺、高熱、嘔吐、けいれんなどの症状を起こすが、その中でも最も確実な症状は「水恐怖症」。水恐怖症はウイルスが中枢神経を侵し、食べ物を飲み込む筋肉に、痛み性けいれんが生じて発症するといいます。

映像の中の男性は水カップを手に、不安で怖そうな姿を見せています。コップを口に当てると、全身がぶるぶる震え、極度の恐怖を感じ始めたのでした。

その実際の様子を…次のページでご覧ください。

次ページへ続きます

関連記事