【修羅場】俺には到底似つかわしくないハイレベルの嫁と見合いで結婚 ⇒ 10年後、ある酒の席で嫁の過去が発覚。職場でのアダ名は『訳あり物件』だった

【修羅場】俺には到底似つかわしくないハイレベルの嫁と見合いで結婚 ⇒ 10年後、ある酒の席で嫁の過去が発覚。職場でのアダ名は『訳あり物件』だった

未だに自分が狭量だったのか否か判断に迷う話なのだが、人生で初めてキレた話をしてみたいと思う。

俺は小さい頃から喧嘩すらした覚えがない。
喜怒哀楽の怒の部分が欠落している人間だと自認してたんだ。
でもだから余計に始末に悪かったのかもしれない。
加減を知らないおかげで嫁にも会社にも大変な気苦労かけさせてしまった。

≪スポンサーリンク≫

嫁と俺とは見合い結婚だった。
母と嫁母は同じコーラスグループに所属していてガーデニングを披露し合う仲だ。
だから嫁と知り合う前から彼女の母親とは顔見知りだった。
娘さんが俺の勤務する会社の本社に勤めていることも何かの機会に伝え聞かされていた。

母からその友達の娘さんと会ってみないかと言われたのは妹が出産した直後のことだった。
要するに妹が結婚出産したのに未だに女の気配がない長男(俺)の事が気がかりという事だったんだろう。
あからさまな直球勝負を挑むところがいかにも母親らしいと言われれば母親らしいが俺にだってプライドぐらいある。

妹が恋愛結婚したのに長男の俺が母親のコネを利用したのでは格好がつかないだろう?
でも母は俺の口から断りの言葉が出る前にすかさず嫁の写真を差し出してきたんだ。
シャシャ!と。
そういうところは本当に抜け目ないと思う。

次ページへ続きます

関連記事