【驚愕】チェルノブイリで繁殖したという『放射線を食べる菌』→ 宇宙飛行士や宇宙旅行者を救う!?

【驚愕】チェルノブイリで繁殖したという『放射線を食べる菌』→ 宇宙飛行士や宇宙旅行者を救う!?

放射能の中で生きてきた生命体

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所で大規模な爆発事故が起きた。放射線で極度に汚染された原子炉に生命などいないと思われた。

ところが、生命というのは、たくましく生きる道を見つけ出すもの。事故から5年たった1991年に原子炉の壁で菌類が育っていたのだ。

≪スポンサーリンク≫

放射線を取り込みエネルギーに変える真菌

この菌類は有害な放射線に耐性があるどころが、放射線を食べて成長することがわかった。生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

そして今、この菌類が、宇宙空間に飛び立つ宇宙飛行士や宇宙旅行者を強力な放射線から守ってくれるかもしれないという。

菌の名は「Cladosporium sphaerospermum」

クラドスポリウム(クロカビ)の一種、「Cladosporium sphaerospermum」というこの菌は、人間の皮膚を黒く変える色素、メラニンを大量に含んでいる。

この大量のメラニンが有害な放射線を吸収し、それを化学エネルギーに変える。植物が光合成によって二酸化炭素と葉緑素を酸素とブドウ糖に変えるのと同じだ。

このプロセスは放射性合成として知られているが、この仕組みを、放射線から人間を守る日焼け止めのようなものに利用できるのではないかと研究者たちは確信している。

そして、研究チームによると、この菌が放射線から宇宙飛行士を守ってくれる可能性もあるという。

次ページへ続きます

関連記事