【驚愕】ママとパパに会うために、走るバスの下に3時間もぶら下がって耐えた子供たち

【驚愕】ママとパパに会うために、走るバスの下に3時間もぶら下がって耐えた子供たち

両親が恋しかった子供たちは、走るバスに挟まれたまま、3時間も耐えてきたのでした。

先日、中国ポータルサイトのソフドットコム(Sohu.com)は、中国南部地域の広西省で起きた出来事を紹介しました。

なんと、広西省から他の地域へ行く高速バスの下で子供2人が発見されたのです。

≪スポンサーリンク≫

後輪の隅でうずくまっていてた子供たち

広西省を出発して80kmを走った後、高速道路サービスエリアに停車したバス。 乗務員と警備員はいつものように車の点検を行いました。

そしてバスの床を点検したその時でした。警備員は子供たちが後輪の隅でうずくまっていてる姿を発見して大きな衝撃を受けたのです。

職員たちはバスが走った3時間の間、土とほこりを全身にかぶった少年たちを洗ってあげ、簡単に口にできる食べ物を渡しました。

乗務員は「子どもたちはとても小さくて痩せていた」とし「なぜここにいるのかと聞いたら『ママ、パパに会いに行きたかった』と答えた」と伝えました。

次ページへ続きます

関連記事