【朗報】蓄積した夏の疲れやストレスを解消!残暑でもぐっすり眠る方法11選

【朗報】蓄積した夏の疲れやストレスを解消!残暑でもぐっすり眠る方法11選

猛暑が続いた今夏。しかしまだまだ厳しい残暑が続き、冷房も欠かせません。でも、この時期は蒸し暑く寝苦しい夜が続いたかと思えば、朝晩に急に冷え込む日がいきなり訪れたりもします。

夏から秋に向かうこの時期は、蓄積された夏の疲れ、暑さによる睡眠不足、気温差によるストレス…そんな原因が積み重なって、自律神経が乱れて心身ともに疲れやすくなるのです。

この疲れを解消するには、ズバリ!上質な睡眠をとるしかありません。残暑の中でも質の高い睡眠をとるためのヒントをご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1. 寝室が冷えるまで時間がかかるので、就寝1時間前くらいからエアコンのスイッチを入れておきましょう。

2. エアコンが途中で切れると、汗をかいて体力を消耗してしまいます。28度前後の高めの温度設定で一晩中つけておきましょう。

3. 寝る直前にはいるなら、お風呂よりも、半身浴や足湯、シャワーの方がいいでしょう。お風呂好きな人は就寝90分前までにぬるめのお風呂に入りましょう。

4. シャワーを浴びた後に、すぐに裸で眠るのもオススメです。

5. ジェル状の保冷剤を枕の下に置いたり、氷枕を使うなどして、首元を冷やすと入眠しやすくなります。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事