『中1の娘に二重術を受けさせました。』→ 娘を思う母の想いに改めて考えさせられる、本当に大切なこととは・・・

『中1の娘に二重術を受けさせました。』→ 娘を思う母の想いに改めて考えさせられる、本当に大切なこととは・・・

一重瞼がコンプレックスで不登校になってしまったという娘さんを持つ、とあるお母さん。

その娘さんに二重術を受けさせたのだそう。

整形に対してネガティブな意見を持っている人も多いように思いますが、一概にネガティブな点ばかりなのでしょうか。

お母さんの想いがとても胸に突き刺さります。

≪スポンサーリンク≫

私は、中1の娘に二重術を受けさせました。

アイプチをしなければ外出出来ず登校も出来ずを2年間過ごし生活に支障をきたしまくったからです。

夫に相談したら大反対されたので、内緒で連れていきました。

反対の理由は、そんな事は大人になってからやるべきとか、
簡単に整形なんてダメとか、娘の立場にまるで立っていないので無視しました。

思春期の娘に「一重でも可愛いよ」とか「誰も気にしてないよ」って言っても無理なの。

二重術を受けた結果、娘は毎日朝起きてちゃんと登校するし、
目を褒められたと自信もついて友達をどんどん作り勉強にも身が入るようになりました。

夫はというと、娘がプチ整形したことに気づいてもいません。
(これ重要)

たったこれだけのことで前髪で顔を隠していた娘がキラキラした青春を送ってるんだよ、女子の思春期を理解できない頑固な夫にはもう相談しない。

— ミカコ (@mikakolife) August 30, 2020

娘さんの人生で一度きりの青春が輝いて本当に良かったですね!

さらにこの方はこう続けています。

成長期の整形についてご意見してくる方が散見されますが、専門医ですか?

私は担当のお医者さんとメリット・デメリットの説明相談をして最適と思う方法を慎重に選択しました。

10代で二重整形する子は意外にも多く、美容整形外科もきちんとそういう子に対する方法とってるとこあります。

不登校になってから整形を考える間には担任・小児科・大学病院の思春期外来に行き、テスト、検査、検査入院もしました。

私自身バランスとるため心療内科に通う2年でした。
そして、二重にするのは私の独断でしたが苦渋の決断でした。
(何の検査かは言いませんが)

そういう背景があります。

— ミカコ (@mikakolife) August 30, 2020

決して短絡的な行動ではなく、色々な葛藤と戦った末での決断だったのですね…。

次ページへ続きます

関連記事