【衝撃】体臭がきつくなる食べ物10選

【衝撃】体臭がきつくなる食べ物10選

体臭や口臭は自分では気づきにくいもの。でも、知らず知らずに周囲の人を不快にしているのでは?と気になりますよね。

体臭といえば、ワキガや加齢臭、そして糖尿病や腎機能低下などの病気に伴う体臭もありますが、実は食べ物や食習慣が原因となることも多いのです。

ニンニクやタマネギを食べた後に口臭がきつくなるのは分かりやすいですが、食事は発汗量や腸内環境に影響が大きいため、あなたの体臭そのものを変えてしまいます。逆に言えば、食生活を変えることで体臭を抑えることも可能です。この記事では、体臭が気になる人が避けるべき10の食品をご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1.牛肉や豚肉など脂質の多い肉

牛肉や豚肉は消化するのに時間がかかるため、その間に腸内にアンモニアや細菌が多く発生し、腸内環境が悪化し、不快な体臭につながります。特に男性では、肉を食べることで体臭や口臭がきつくなりやすいことがわかっています。肉の中では鶏肉は影響が少ないため、体臭が気になるけれど肉がどうしても食べたい場合には代替品として使えます。

2.唐辛子や香辛料の効いた辛い食べ物

唐辛子や香辛料の効いた食べ物を大量に摂取すると、血液の循環がよくなって、汗が大量に発生します。大量の汗をかくとどうしても不快なニオイが発生しやすくなります。

3. ジャンクフードやコンビニ弁当

ジャンクフードやコンビニ弁当には、保存料、着色料、甘味料、香料などの食品添加物が多く含まれています。実は添加物も、体臭がきつくなる原因のひとつなんです。安全性を考慮されてはいても、やはり体にとっては有害。解毒しようとして活性酸素が発生して体臭につながるといわれています。

4.魚

魚も食べすぎると体臭がきつくなることがあります。これは体のなかにトリメチルアミンが発生するため。トリメチルアミンは基本的に肝臓で分解されますが、肝機能の低下などで体内にたまると魚が腐ったような不快な体臭につながることがあります。

5.乳製品

乳製品は摂取しすぎると乳糖の分解が追いつかず、体に蓄積されて、腸内環境が悪化します。特に牛乳でお腹を壊してしまう「乳糖不耐性」の人は少量でも消化不良を起こし、体臭がきつくなってしまうので注意が必要です。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事