【悲報】4年前に一億円当選!→ 仕事辞めた結果・・・現在の貯金残高は?

【悲報】4年前に一億円当選!→ 仕事辞めた結果・・・現在の貯金残高は?

高額当選した、その後の人生は?

宝くじの高額当選を夢見て、宝くじを購入し続けている人はとても多いです。
庶民の夢が、富くじ・宝くじです。

一億円の高額当選した方の、4年後が、ネットに書き込まれていました。
それによれば、住宅購入や旅行で散財し、残金が3000万円に減少したそうです。

これを読んだネット民たちは、投資に廻せば、年利5%は貰えたはずだとか、いろんな事を書いて騒いでいます。

当たらない人が、当たった人の事をあれこれ言っても、ただの嫉妬です。正直言うと羨ましい限りです。

≪スポンサーリンク≫

レンガのような札束に驚愕

もうお一人、一億円を当てた方の、当選したその後を追跡した事例がありました。
ご紹介します。

この方は、換金するために会社を休んで、みずほ銀行・大阪支店まで、自家用車で向かったそうです。

そこで積み上げられた厳禁の束に驚愕したのが最初のご感想でした。

『高額当選証明書』とは?

みずほ銀行側からは、聞いたこともない『高額当選証明書』を手渡されたそうです。

みずほ銀行側(税務署対策)

「高級車や不動産物件をいきなり買ってしまうと、
税務署に脱税を疑われます。」

「宝くじは非課税です。税務署には、
この証明書のコピーを提出すると脱税の疑いが無くなります。」

みずほ銀行側から、脱税の容疑をかけられないようにと、
丁寧に説明をしてくれたそうです。

しかし・・・

次ページへ続きます

関連記事