【胸糞注意】数学の問題を間違えたというだけで、10歳の女子生徒を殴り死なせた担任教師

【胸糞注意】数学の問題を間違えたというだけで、10歳の女子生徒を殴り死なせた担任教師

数十年前は学校での教師による拳骨やビンタなども珍しくありませんでした。

しかし、当時は教師という職業が社会的に深く信頼されていたこともあり、大きな問題になることはありませんでした。

ところが昨今、様々な事件を通じて、体罰に対する見方がまったく変わりました。今回紹介するのは、とある小学校の教師が過度な体罰を加えて、10歳の女子生徒を死亡させたという衝撃事件です。

≪スポンサーリンク≫

先生に感謝を伝えた少女

2020年9月11日(現地時間)、中国メディア「四川省スコール」は、四川省広遠市の中央小学校5年生の少女、ニンニンちゃん(10)が担任の先生に暴行を受け、死亡したと報じました。

報道によると、同月10日、「教師節」に起きました。 中国では9月10日は「教師節=教師の日」とされています。

この日、ニンニンちゃんは授業に先立ち、担任の先生であるオウ氏(仮名)に花をプレゼントし、感謝の言葉を伝えました。

しかし、授業が始まってから、オウ氏は数学の問題を間違った学生たちに過度な体罰をし始めたのです。

ニンニンちゃんは2つの問題を誤り、オウ氏はニンニンちゃんに教壇へ出てくるように指示しました。そしてニンニンちゃんをひざまずかせたオウ氏。

オウ氏は「体罰を受けなければならない」と言い、耳を引っ張ったまま、拳でニンニンちゃんの頭を殴りつけたのでした。無差別な暴行を受けた彼女は結局、重心を失って倒れました。

次ページへ続きます

関連記事