【大炎上】「絶対マスクしないマン」と同じ飛行機の乗客が公開されぬ裏話を暴露「触った!! 身体に触ったぞ!!」

【大炎上】「絶対マスクしないマン」と同じ飛行機の乗客が公開されぬ裏話を暴露「触った!! 身体に触ったぞ!!」

絶対にマスクをしない。断固としてマスク着用を拒否した飛行機の乗客、いわゆる「絶対マスクしないマン」が問題視されている。この乗客はピーチ航空(ピーチアビエーション)に釧路から搭乗し、関西国際空港に向かっていたが、CAとの間でトラブルが発生。飛行機は新潟空港に緊急着陸し、飛行機を降ろされる事態となった。

・すべての関係者への感染リスクを減らすマスク
現在、ほぼすべての航空会社が乗客に対してマスクの着用を強くお願いしている。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためだ。マスクの着用により、乗客だけでなくCA、パイロット、整備士、そして清掃員に至るすべての関係者への感染リスクを減らすことが可能だと考えられる。

・「このままでは危険」と考えた
しかし今回、ピーチに搭乗した男性はマスク着用を拒否。飛行前からCAとの話し合いをしたようだが、最終的にCAまたはパイロットが「このままでは危険」と考えたのか、目的地である関西国際空港には向かわず、新潟空港に緊急着陸した。

≪スポンサーリンク≫

・厳しい怒りの声が書き込み
この件はインターネット上で物議を醸し、マスク着用を断固として拒否した男性に対して厳しい怒りの声が書き込みされていた。そんななか、マスク着用を拒否した本人と思われる人物がTwitterに当時の状況説明を書き込みし、多くの人たちが目にした。

新潟空港での不当かつ誤った判断により途中降機を強いられ、9月7日に新潟空港近辺で宿泊した後、翌日に陸路にて関西空港に到着しました。その後、ピーチ社に対しては空港スタッフを通してご質問を提出し担当部署からの回答を待っています。

搭乗時に機内で当初近隣する座席の乗客の方から私に対し不適切な発言がありました。
その乗客の方々への中止と謝罪の促しを客室乗務員に依頼しました。
私の尊厳を傷つける乱暴な発言があったことは看過できないことであり、正当な手段および第三者(CA)を介して抗議を行っております

「威嚇」と表現されることは全く不正確であり、丁寧にご抗議申し上げております。また、機内の秩序を維持すべき客室乗務員が事を中立に処理していないことは遺憾です。

ピーチ社の公開情報では、あくまでもマナーとしてのお願いであるため例外規定の挙示はなされていませんが、他社の規定では「健康上その他の理由により」等の条項が設けられています。降機後に別スタッフにも口頭で確認しましたが、ピーチ社の対応は例外規定なき一律強制ではないはずです

当該乗務員が乗客の申し出に聞く耳を持たずに不明な対応に終始したことが、その後の議論の前提になっています。最大限の真摯な対応を心掛けましたが、乗客の意をきちんと汲み取った対応がなされず、乗務員から一方的な言動が行われたことは残念です。

お願いである以上、その働きかけに対して判断をする主体は当人ですが、事の趣旨からして理由の提示は不要なはずです。ただ今回は「もし理由の提示等が必要であれば書面にて一筆書きます」と付言しています。

ピーチ社の公開情報では、あくまでもマナーとしてのお願いであるため例外規定の挙示はなされていませんが、他社の規定では「健康上その他の理由により」等の条項が設けられています。降機後に別スタッフにも口頭で確認しましたが、ピーチ社の対応は例外規定なき一律強制ではないはずです

2、マスク着用をめぐるお願いについて
搭乗後に機内にて客室乗務員よりマスク着用の「お願い」を受けましたが、こちらは「お願いは承るが答えはノーです」と返答してます。ピーチ社の公開情報において機内でのマスク着用は「お願い」事項にとどまることは確認し、その理解に基づいた対応をしています

客室乗務員が何度も食い下がる形で複数回の「お願い」が行われたことは妥当な対応でありません。語義として「お願い」は、何らかの行為を任意で依頼することであり、趣旨を逸脱した対応が当該乗務員からあったことは残念です。同じ「お願い」が複数回行われても、対して同じ回答の反復となります

3、乗務員の権限を逸脱した対応
上述のマスク着用をめぐる対応最中で、「このままの状態では降りて頂きます」との不用意な権限逸脱の発言が乗務員責任者からあったことは大きな問題と考えます。

マスク着用拒否がいかなる根拠において搭乗拒否事由に相当するかは全く不明ですが、強制性に一歩踏み込んだ介入が行われようとしたことは遺憾に尽きます。
当然、搭乗辞退も拒否し、マスクを着用しないまま当該機は離陸しましたが、規約を逸脱した対応があったことは説明を求めるべき事柄です

こちらとしては最大限に紳士的な受け答えをしておりますが、着用拒否という行為の一点のみで、私の全ての言動を乗務員が恣意的に曲解しているとすれば、色眼鏡での対応と言わざるを得ません。誤解の原因が生じたことは残念です。

4、「大きな声で騒いだ」という主張の不当性
ピーチ社およびそれに基づく報道は私が「大きな声で騒いだ」としていますが、全くもって正確な言明でありません。声のボリュームの適切性は、個人の生理現象に拠るものですが、私は耳の聞こえが悪く日常より声が人より大きいことがあります。

当日、機内で特に乗務員がマスクをしている為、籠もるような声が聞き取りづらく何度か聞き返す場面がありました。何を言っているか聞こえないと複数回申し上げております。(話が理解できないとの批判でなく、単に音量的に「聞こえない」というだけです)

そのやり取りが更なる誤解を生んだとすれば乗務員側の配慮が欠けています。議論の本筋ではなく、声のボリュームという生理現象をあげつらう態度は、客室乗務員の方々は多様な背景の人々への認識をいかに持っているのか理解に苦しみます。

引用元:https://twitter.com/mask_passenger

グダグダと持論を並べ立てていますが、どうにか自分を正当化しようとしているようにしか見えません。

マスクをしないことで他の乗客が不快に感じているのなら、アレルギーや病気等の特別な事情がない限り、他者を思いやる行動をとるのが紳士的な大人のマナーだと思います。ただ、飛行機を緊急着陸するほどの話かというと…

この件に関しては、様々な見方があるようです。

次ページへ続きます

関連記事