【錯視画像】脳が騙されている!?この絵が動いて見えないとヤバいかも・・・

【錯視画像】脳が騙されている!?この絵が動いて見えないとヤバいかも・・・

脳が騙される?!錯視画の不思議

↑の図を見てください。

特に真ん中あたりを…どうですか?ゆらゆら揺れて見えませんか?

これは動画ではなく静止画なのに、不思議ですね!

≪スポンサーリンク≫

このように、止まっているのに動いて見えたり、大きさは同じなのに右の方が大きく見えたり、一つのものを違う角度で見ると全く違うものに見えたり…これらは皆錯視といい、心理的な錯覚を起こしているのですが、この現象には脳のメカニズムが大きく影響しているのです。

錯覚が起こるメカニズムとして、まず視覚をとおして物体の画像が脳にインプットされます。すると脳は『現実世界で起こりうる可能性が高い』解釈をします。

例えば↓のGIF画像のケーキをご覧ください。

どう見ても立体のケーキに見えませんか?

しかし…↓の画像をご覧ください。

角度を変えてみると、ペラペラの紙でした!

では↓の線の長さはどちらが長く見えますか?

両方とも同じ長さです。でも上のほうが長く見えますよね!?

これらは、例えばケーキの例でいうと、

「脳は立体に関する情報があいまいなとき、『現実世界で起こりうる可能性が高い』解釈をします。現実世界でへこんでいるケーキを見ることはまずないため、へこんでいる部分が出っ張って見えちゃうんです」

引用元:www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kouda002

ということなのだそうです。

次のページでは、他にもいくつか代表的な錯視画像をご紹介します!

次ページへ続きます

関連記事