【驚愕】100年前にホントにあった美容グッズ15選

【驚愕】100年前にホントにあった美容グッズ15選

最近の家電の移り変わりは凄まじいものがあります。新しい製品が次々に生まれ、わずか数年前の製品が古く感じてしまうほど。 美容グッズも例外ではありません。ヘアアイロンやまつ毛用ホットビューラー、フェイシャルエステ機器に脱毛器など、常に新しい製品やトレンドが生まれています

では、昔の美容グッズってどんなものだったのでしょう?

この記事では100年前の美容グッズを特集します。現代から見ると危険すぎてドン引きなものから、奇怪で謎めいた見た目のものまで実にバラエティに富んでいます。

≪スポンサーリンク≫

1.アイスマスク

最近話題の「アイスマスク」は冷感素材でできたマスクですが、元祖「アイスマスク」は1940年代に開発されたこちら。キューブ型のプラスチックに水を入れて冷凍庫で凍らせて使います。もともとは撮影の合間にメイクを崩さずに肌をリフレッシュしたい女優向けに考案されたもの。あのマックスファクターが開発というのがちょっと信じられない強烈な見た目のアイテムですが…一晩中パーティーで遊んでむくんだお肌をキュッと引き締めてくれるので「二日酔いマスク」と呼ばれてハリウッドでも人気だったとか。

 
2.ヘアドライヤー

最初のドライヤーは、1890年にフランスの美容師によって開発されたガスストーブと頭を覆う金属のフードが合体したようなSFチックな機械でした。それから30年経ち、少し小型のこんな家庭用ドライヤーが出現。家庭用とはいえ、かさばるうえに危険を伴うものでした。扱いやすい電気の小型ドライヤーが普及したのは1950年代以降と言われています。

 
3. セルフタンニング

かつて欧米では日に焼けた肌が美しいとは考えられておらず、日焼けは労働者階級の証とされてきました。しかし、それが変化したのは1920年代の終わり、数々のトレンドを生み出してきたココ・シャネルが日焼けした肌で旅から戻ってきた時でした。それ以来、日焼けした肌は現代的で贅沢な生活を象徴するステータスとなり、ココのような小麦色の肌は女性たちのあこがれに。1929年のヴォーグ誌には「すべての少女は日焼けすべきである」とまで書いてあるんです。当時、バカンスに行けない女性たちは、写真のようにタンニング剤を塗って、ブロンド肌を演出していました。

 
4.ヒートマスク

1940 年代のフェイスマスク。コンセントに差し込むとマスクが加熱され、顔や頭の血行を促進して肌を健康的に見せるというコンセプト。低温やけどしないの?と心配になりますが、なにより覗き見した子どもがトラウマになりそうなホラーな見た目のインパクトが強すぎるアイテムです。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事