がんを患う人を傷つける「言ってはいけない」10のフレーズ

がんを患う人を傷つける「言ってはいけない」10のフレーズ

ガンの告知を受けたら、生活は一変します。家族のこと、仕事のこと、そして治療のことなど考えることが多すぎてパニック状態になるかもしれません。 でも友人や家族がガンを患っていることが明らかになった時、支える立場の人としてあなたはどんな反応をしますか?どんな言葉を投げかけますか?どんな態度で?

実は多くの人が患者になるまで、患者はどんな言葉に傷つくか、どんな言葉に憤りを覚えるかはわからないのです。ドイツのガン患者の情報サイトでは、患者たち自身が率直に他人の言葉に傷ついた瞬間を投稿し合いました。良かれと思っての言葉だということは重々承知でも、なんども耳にすると辛い…そんなフレーズをご紹介します。

 
1.「ガンと闘わなきゃ!あなたならガンになんて負けない」

化学療法などのガン治療は精神的にも肉体的にも大きな苦痛を伴うもの。人によって治療効果や副作用の程度は大きく異なり、何年もの闘病生活で常に闘志を燃やして前向きでいられる人は少ないかもしれません。

そして、ガンと闘うことをやめたら負け、恥ずべきことなのでしょうか。静かに別れを告げる決断をした人は弱い人間なのでしょうか。

「私はガン患者ですが、私だって人間です」ある投稿者はこう書き込んでいます。どんな人も常に強く前向きでいることなんてできません。患者の家族や友人は、患者を鼓舞し励まし続ける存在というよりは「いつもそばにいる」と伝えてあげる存在でいるべきでしょう。

≪スポンサーリンク≫

2.「座ってて、私がしてあげる」

体が丈夫なことが自慢だった人も、病気になれば目に見えて体の機能が衰えていくでしょう。できないことが増えていく過程は、患者の自負心も大きく傷つけていきます。つい親切心から、患者の行動を先回りして手助けしてあげたくなりますが、ちょっと待ってください。

手を出す前に、「何かできることある?」と聞いてみてください。

 
3.「この程度でよかったね」

抗がん剤治療で髪の毛が抜けていないからとか、乳がん治療で胸を切断していないからと言って軽い病状ということではありません。薬の副作用、精神的ストレス、治療費の問題、家族への負担など患者の抱えている不安や苦しみは見た目には現れないことがほとんどなのです。

 
4.「なんであんなに健康だったあなたがガンになったのかしら」

遺伝、生活習慣、ストレスなどガンの原因は様々ですが、ガンになってから理由をあれこれ詮索しても無意味です。患者本人は十分なほど、自分の生活のなにが悪かったのかを考え、後悔さえしているかもしれません。患者を支える人たちも、過去ではなく現在とこれからに集中すべきです。

 
5.「くよくよしないで。前向きになって!」

「きっと大丈夫」、「物事の良い側面を見よう」というような前向きな言葉は、患者にとって攻撃的な言葉にさえ聞こえる時があります。「こういう言葉をかけてくる人は、病気でできることが限られていくなかでは、いつも前向きで元気でいられる人なんていないということをわかっていません」ある患者は訴えています。

患者が泣きたい時には肩を貸し、辛さを吐き出したいときにはそばにいて聞いてあげる存在が求められているのです。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事