【遺伝子異常】片目&4つ耳の仔猫。引き取った家族は・・・

【遺伝子異常】片目&4つ耳の仔猫。引き取った家族は・・・

2018年2月、オーストラリア人動物愛護運動家が、メルボルン郊外の一軒家の床下から小さな子猫を発見しました。

この投稿をInstagramで見る

frank_n_kitten(@frank_n_kitten)がシェアした投稿

生後2ヶ月ほどの子猫の姿は一目みたら忘れられないほどにショッキングなものでした。

変形した耳が4つあり、目は感染症により重度の炎症を引き起こしていたのです。

≪スポンサーリンク≫

すぐに子猫は最寄りの街ジーロングの動物愛護団体が運営する獣医医療施設へ搬送されました。子猫の目は深刻な感染症のため、早急に切除しなければ命に関わることが獣医の診断により明らかになりました。また、通常の耳の前に生えた「第二の耳」は、特に健康上の問題はないため治療の必要はないとのことでした。

この投稿をInstagramで見る

frank_n_kitten(@frank_n_kitten)がシェアした投稿

子猫は動物愛護施設に保護され、施設職員のジョージア・アンダーソンによって看護を受けることになりました。

「片目を除去した4つ耳の子猫が保護されたと聞いて、いてもたってもいられない思いでした。まだ術後の痛みが癒えないだろうに、抱きしめると喉を鳴らし、頬ずりしてくれました」とジョージア。

この投稿をInstagramで見る

frank_n_kitten(@frank_n_kitten)がシェアした投稿

以来、ジョージアの手厚い看護の甲斐もあり、術後の経過は順調でした。「フランケンキティ」と名付けられた子猫が温かく心地よい環境でしっかり回復できるよう、ジョージアは自宅に連れ帰りました。

この投稿をInstagramで見る

frank_n_kitten(@frank_n_kitten)がシェアした投稿

「まだ術後の痛みが残った状態でしたが、新しい住処が気に入ったようで子供達や他のペットともすぐに打ち解けることができました。家に連れ帰った翌日には、この子を引き取ることを決意したほどです」

次ページへ続きます

関連記事