【衝撃】思わず笑う!先輩パパママたちのちょっと変わった子育て方法11選

【衝撃】思わず笑う!先輩パパママたちのちょっと変わった子育て方法11選

数限りなくある「子育て書」。本によって言っていることが違ったり、子育て書の説く「子育てのあるべき姿」は時代によっても大きく変わります。

でも共通して言えるのは、現実は子育ての教科書通りにはいかないということ。

自分の子どもに使えるかどうかは別として、土壇場に立った先輩パパママたちが実践した笑える子育て体験11選をご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1.床に突っ伏す母

3歳になったエリアスはイヤイヤ期真っ最中。スーパーに行くたびに、レジ前で体を床に投げ出して泣きわめくのです。息子が毎日作り出す修羅場に、ある日母親のジョアンナの堪忍袋の緒が切れました。でも怒鳴り散らすのではありません。床で泣きわめくエリアスの隣に自分も身を投げ出したのです。突如床に横たわる母親の姿によほどびっくりしたのか、エリアスはピタッと泣き止んだそう。母はむくりと起きて、何事もなかったかのようにレジを済ませます。母子ともに静かにスーパーをあとにしました。

 
2.髪の毛ベタベタ

11歳のパトリックは大のシャンプー嫌い。髪の毛が見た目にもベタベタ して見苦しくなっても本人はどこ吹く風、断固としてシャンプーを拒否し続けます。困った父親のマイクは、息子の頭に紙吹雪を散らしたそう。「ピンクの紙吹雪をたくさんね」マイクはニヤリ。「頭にピンクの紙切れをたくさんつけたまま学校に行くわけにいかないから、一目散にお風呂に向かったよ」

 
3. 読書ミリオネア

ヨーロッパでは、一年間に100万文字以上読んだ子どもを「読書ミリオネア」と呼んでお祝いする小学校があるそうです。スポーツに比べて目に見えるゴールがない「読書」ですが、ご褒美を与えて奨励することで生徒の自負心を引き出すのです。

 
4.ユニコーンの死

いつも動き回りたい幼児をチャイルドシートにおとなしく乗せておくのは至難の技。ユニコーンのぬいぐるみを手放さない5歳のピアも、シートベルトをするのが窮屈でたまらないと駄々をこねます。そこで母親のマリアが放った一言。「シートベルト締めなきゃユニコーンが死ぬよ!」言葉を尽くした説明が伝わらないときは、ショック療法もありです。

 
5.うるさくしたら

4歳児と7歳児の母親リディアは、電車やバスに乗るたびに騒ぎ立てる子どもを注意するので疲れ果てていました。周囲の人にどれほど迷惑をかけているかと思うと冷や汗が背中を伝います。そこである対策をとります。「飴玉の袋をバッグから取り出して、静かにできたら飴を全部あげると言ったのです」そして、バスの他の乗客に飴玉を配り始めます。母親の思わぬ行動を唖然として見つめる子どもたち。最後の乗客に飴を配り終えて、ほとんどなくなった飴の袋を子どもたちに手渡しました。「この日以来子どもたちは、うるさくしたらおやつはみんな周囲の人に分け与えなければならないと理解したみたいです」

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事