【まさかの展開】『鬼滅の刃』が盗難に遭ったことをSNSにアップしたところ、誹謗中傷を受けた入浴施設 → すると、思いもよらぬ展開に・・・

【まさかの展開】『鬼滅の刃』が盗難に遭ったことをSNSにアップしたところ、誹謗中傷を受けた入浴施設 → すると、思いもよらぬ展開に・・・

山口県山口市にある日帰り温泉『おんせんの森』。

入浴施設のほか、書籍や漫画が5千冊以上取り揃えてあったり、卓球ができたりさまざまな楽しみ方ができるといいます。

しかし、この『おんせんの森』である事件が起きたのだとか。

≪スポンサーリンク≫

人気漫画『鬼滅の刃』が盗まれる

2020年9月25日、Twitterでこのような投稿がされました。

本棚からごっそりと無くなったのは、人気漫画『鬼滅の刃』20冊。

スタッフは「頑張って集めたのに…」と悔しさをにじませていました。

しかし、警察には報告せずに、「もし持ち帰った本人がいたら戻してほしい」と呼び掛け。

投稿には「許せない行為」「酷すぎる」といった声が寄せられていました。

ネット上で誹謗中傷が相次ぐ

この投稿は拡散され、テレビでも放送されました。

すると、次第に『おんせんの森』のTwitterに誹謗中傷などが送られてくるようになってきたといいます。

スタッフは「馬鹿じゃないのか」といったメッセージがたくさん届き、心を痛めていました。

それでも戻してくれる人だと信じたいため、しばらく様子を見ることに。その間にもTwitterには、励ましの言葉が寄せられていていたようです。

約10日経っても戻ってこなかった漫画。しかし、漫画が盗まれたことを知った『鬼滅の刃』のファンからあるものが送られてきました。

それは・・・

次ページへ続きます

関連記事