【目からウロコ】ちゃんと睡眠とれてる?ぐっすり眠るための寝室作りの7つのコツ

【目からウロコ】ちゃんと睡眠とれてる?ぐっすり眠るための寝室作りの7つのコツ

毎日よく眠れていますか?もし、あまりよく眠れていないのであれば、寝室の環境を見直した方がいいかもしれません。

寝室は、リラックスでき、眠りを妨げない落ち着いた環境であることが重要。また、部屋の温度や壁の色など、いくつかの工夫で、眠りに入りやすくすることができます。

それでは、快眠のための寝室づくりの7つのコツをご覧ください。

≪スポンサーリンク≫

1.部屋をすずしく

よく眠るためには少し寒いくらいの温度がちょうどいいという研究結果が出ています。眠りに入る時は体温が下がるため、季節を問わず寝室の温度を15〜20℃くらいにしておくと、一番眠りに入りやすいそうです。食べ過ぎて消化器官が活動していたり、心配事があって脳が興奮していると、体温が下がりにくいために眠りづらいのです。

 
2.植物を置く

植物は湿度を調整し、空気を浄化してくれるため、部屋に置いておくだけで安眠に効果があります。部屋の空気が悪いかも、と心配な方は、アロエがオススメです。アロエは空気中の有害物質を吸収する作用があるうえに、有害物質が多いと葉っぱに茶色の斑点が現われて空気の質が悪いことを教えてくれます。

 
3.加湿する

観葉植物は世話が大変、という方は、加湿器やディフューザーで湿度を調整しましょう。特に、冬の乾燥の時期や、喉の調子が気になる時や風邪をひいたときは、寝室を加湿することが眠りの質を高めるために非常に大切。湿度が50%を超えなければ、壁のカビや発汗を心配する必要はありません。

風邪をひいたときに、ユーカリやティーツリーなどのエッセンシャルオイルをディフューザーの水に加えると殺菌作用も期待できます。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事