【世の中捨てたもんじゃない】見ず知らずの他人に救われたエピソード12選

【世の中捨てたもんじゃない】見ず知らずの他人に救われたエピソード12選

家族や恋人、友人など大切な誰かが窮地にあるとき、救いの手を差し伸べることはごく当たり前のことです。 では、ピンチの状態にあるのが全くの他人だったら、私たちはどう反応するのでしょうか? たとえちょっとした気配りであっても、大きな救いとなることがあります。

「見ず知らずの他人の言動であなたが最も救われたことは何?」カナダ人作家ニコル・クリフのTwitterでの問いかけに対し、多くの返答が寄せられました。いかにして他人に救われたか、またなぜ心に残る体験となったのか、返答者のうちの12名の投稿を紹介します。

1.

「死産した後、橋から飛び降りようとしていた私を見ず知らずの男性が引き止めてくれた。彼は私の話に耳を傾け、彼の話に私は泣いた。なぜ命を捨てようとするのか、希望を捨てなければ、人生は開けるのだから、と彼は言った。確かに、その通りだった」

≪スポンサーリンク≫

2.

「9歳の時、バレエレッスンに通うため一人でバスに乗っていた。すると年配の男性が私に密着して座り、なにやら囁き始めた。恐怖で固まってしまった私に、高齢女性が近づきこう言った。『ルイーズ(私の名前ではない)、お母さんは元気?』女性は私の隣に座り、私の降りるバス停に到着するまで話しかけ、バス出口まで見送ってくれた。私にとっては救世主そのものだったわ」

3.

「地下鉄で気を失いかけたとき、高齢の中国人女性が言葉は通じなくても救急士が到着するまでそばにいてくれた。私の頭を支えて、ブドウを食べさせてくれた。救急士が到着すると、その女性は私の手を3回軽く叩き、彼女の胸にそっとあてた」

4.

「名前は知らないその人は、サイクリストだった。自転車で走行中、燃え盛る家の窓に子供達がいるのを見た彼は、手に怪我を負いながらも窓を割り、当時7歳だった私と弟を炎から救い出してくれた」

5.

「8歳のとき、プールで遊んでいると、男の子たちが私を『デブ』とからかい馬鹿にした。泣いて、その場から逃げ出したい気分だった。すると綺麗なお姉さんが来て、男の子たちを追い払うと、お姉さんたちの仲間に私をいれてくれた。皆優しくて、子供の私に雑誌を見せてくれたり、ネイルを塗ってくれたり、私の水着が可愛いと褒めてくれた」

6.

「3歳の子供と一緒にスーパーに買い物に行ったときのことだった。お菓子のグミが欲しいと駄々をこねる子供に、『お父さんの仕事が失くなったばかりだから、ダメ』と説明していると、一人の男性が近づいてきてこう言った。『なにか落としましたよ』そして50ドル紙幣を私の手にそっと握らせた」

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事