【衝撃の展開】負傷して横たわる演技をしていた俳優。そこへ一匹の野良犬が近づいてきて・・・(※動画あり)

【衝撃の展開】負傷して横たわる演技をしていた俳優。そこへ一匹の野良犬が近づいてきて・・・(※動画あり)

トルコは動物にやさしい国で知られているが、だからこそ、動物たちも人間に信頼を寄せており、困っている人間を見たら助けようとするのかもしれない。

屋外劇場で公演中の俳優が、負傷した演技で地面に横たわったところ、1匹の野良犬(地域犬)が現れ、尻尾をふりながら近づいてきた。

横たわる俳優の匂いを嗅ぐと顔を舐め、その首元に自分の顔を乗せ、俳優を救おうとしているように見える。この行為に思わず演技中の俳優も、犬をぎゅっと抱きしめた。

≪スポンサーリンク≫

屋外で演技中の俳優に野良犬が駆け寄るハプニング

9月2日、トルコの広場でとある劇団の屋外公演が行われていた。

俳優のヌマン・エルトゥルル・ウゾンソイさんは、落馬後に酷い痛みで息もできない状態という役を演じており、共演者らがヌマンさんを地面に横たわらせた。

と、その時、舞台の横から1匹の野良犬(地域犬)が現れた。

パフォーマンスを見ていた観客は、もちろんヌマンさんが倒れたのは演技だと承知だ。しかし、犬はそれを知らない。

目の前に苦痛の表情を浮かべて倒れている人がいるという事実があるだけだ。犬は、共演者らの間をすり抜けヌマンさんに近寄った。

横たわる俳優に近づき、心配そうに寄り添う犬

犬は、野外劇場のステージ中央にいるヌマンさんのもとへ歩み寄ると頭の周辺のにおいを嗅ぎだした。ヌマンさんの顔を舐め、更に彼の首に顔をうずめるようにしてその場に座り込んだのだ。

たまらずヌマンさんは演技を中断して犬をぎゅっと抱きしめた。

後のインタビューで、ヌマンさんはこの時のことを次のように話している。

次ページへ続きます

関連記事