【驚愕事実】ここまで解明された!→ 現代の科学で解明された身近な謎10選!!

【驚愕事実】ここまで解明された!→ 現代の科学で解明された身近な謎10選!!

小さい頃から不思議に思っていた疑問や謎、ありませんか?有名な「鶏が先か、卵が先か」や「シマウマは白地に黒?黒地に白?」など、考えはじめると疑問が堂々巡りして答えが出ない謎は身近にたくさんありますね。

でも、実は、科学者たちがすでに答えを出している問いも少なくありません。この記事では、身近に起きる不思議な現象に関する疑問とそれに対する科学的な答えをご紹介します。

 
1.何世代も前の祖先が私にそっくり?!どうして?

「目元がひいおばあちゃんの若い頃にそっくり」と言われたことがある人いませんか?写真でみると、会ったこともないご先祖と自分が同じ顔!と驚愕したという話もよくあります。本当に不思議ですよね。

この不思議を解き明かす答えはもちろん「遺伝子」です。ヒトは両親から1組ずつの遺伝子を受け継ぎます。この異なる2つの遺伝子(アレル=対立遺伝子と呼ばれます)のなかには、顕性遺伝子と潜性遺伝子と呼ばれる組み合わせがあります(以前は優性/劣性遺伝子と呼ばれていました)。もし顕性遺伝子と潜性遺伝子を受け継ぐと、必ず顕性遺伝子の特徴が現れるのです。ですから、潜性遺伝子の特徴は、潜性遺伝子同士が受け継がれたときにのみ現れます。たとえば、両親が茶色の目をしていて、子どもの目が青い場合、子どもは青色の潜性遺伝子を父母両方から受け継いだことになります。

≪スポンサーリンク≫

2.カメレオンはどうやって色を変えるの?

カメレオンが周囲の色に合わせて色を変える様子を見たことがありますか? まるで魔法のようですよね。この七変化がどのように起こるのかという謎も最新科学で解明されています。

カメレオンの皮膚には小さな結晶(ナノ結晶)を含んだ細胞が2層重なっています。このナノ結晶は光を反射します。カメレオンの体の色を決定するのは、1層目の結晶間の距離。カメレオンがリラックスしているときは、結晶は密に並んでいるため、短波長の青色の光のみを反射し、もともとの皮膚の黄色と結びついて緑になります。カメレオンが興奮すると、細胞が引き伸ばされて結晶間の間隔が広がり、長波の赤色光を反射して、体がオレンジや赤になるというわけです。

ちなみに、第2層は色変化にはほとんど関与しませんが、近赤外線を反射するため、カメレオンを熱中症から保護しています。

 
3.なぜ年を取るほど時間が早く過ぎるの?

「小さい頃は夏休みが無限の時間のように感じられたのに、今では1ヶ月なんてあっという間」そんな声をよく聞きます。どうしてなんでしょう?

この謎を解明したのが、アメリカの物理学者ペジャン。彼によれば、時間の感覚は脳の処理機能の速度に依存しています。若い頃は脳がイメージを非常に速いペースで入力、処理しているので、時間が長く感じます。年を取るにつれて、脳がイメージを処理するのに時間がかかるため、時間があっという間に過ぎ去っていくように感じるとのこと。つまり、同じ時間でも、そこに含まれるメンタルイメージが多いか少ないかで体感する時間に変化が生じるのです。

こうした加齢による身体的な変心には抗えないかもしれませんが、心理学的には、年齢を重ねても体感時間を伸ばすためにできることがあります。たとえば、瞑想したり、新しいことに挑戦したり、旅行したり、日記をつけたり、新しい人に会ったりすることで、「今」を感じながら充実した時間を過ごせば、体感的な時間を引き延ばすことができるそうです。

 
4.なぜ猫は何もない場所を見つめるの?

猫が何もない空間を見つめていることに気づいた猫好きさんも多いでしょう。そこに何かいるの?おばけ?と怖くなったりもしますよね。

いつも寝てばかりでマイペースな猫たち、実は優れた感覚器官をもっているのです。ですから、何かをじーっとみている猫たちは、人間が感知できない音や光、面白い匂いに気づいている可能性が高いと言われています。

 
5.鶏が先か、卵が先か?

「答えの出ない疑問」の代名詞のようなこの問い。実は、科学者はすでに答えを見出しています。チャールズ・ダーウィンの進化論から発展した生物学では、卵が最初だという結論が出ています。進化論では、長い年月をかけて太古の鳥が私たちが知っているニワトリに進化したと考えられます。そのもととなるDNAの変化は、生まれる前に生じるため、ニワトリへの進化は卵の中で起こったことになります。したがって、鶏の発端となった遺伝子が生まれたのは卵、という結論になるわけです。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事