【恐怖】遺体安置所で横たわる女子大生の遺体にガードマンが発情した結果 → ありえない末路に・・・

【恐怖】遺体安置所で横たわる女子大生の遺体にガードマンが発情した結果 → ありえない末路に・・・

遺体安置所で起きた不思議な話

死因がわからない場合に死因を確定するために行われる司法解剖。その解剖の結果で事件となることもあります。

司法解剖を待つ死体が安置されるのが遺体安置所。今回はそんな遺体安置所で起きた不思議な話を2つお届けいたします。

≪スポンサーリンク≫

安置所のガードマン

とあるヨーロッパの国でのお話です。

恋人と喧嘩別れをして自暴自棄になり、お酒を飲んだ上に睡眠薬を大量に飲んで昏睡状態となった女子大生が病院に担ぎ込まれました。

医師たちの懸命な処置も及ばず、女子大生の意識は戻らず、死亡と診断されて司法解剖するために遺体安置所に移されました。

その夜、見回りで遺体安置所にやってきたガードマンは、まだ亡くなったばかりで肌はまだ血の気を帯びて眠っているかのような女子大を見て、心から美しいと思ってしまいます。

衣服を付けずに横たわっている美しい女子大生の姿を見て、発情してしまったガードマンは、あろうことか遺体を相手に行為を始めてしまったのです。

静まり返った安置所にガードマンの激しい吐息が響き渡り、遂にクライマックスを迎えようという時のことでした・・・

「うぅ・・・」

女子大生の遺体が微かなうめき声をあげたのです!

ガードマンは思わず息を呑み、動きを止めると、次の瞬間・・・女子大生の遺体が起き上がってきました!

そして虚ろな目でガードマンをじっと見つめてきました・・・

ガードマンは脱いだ服を履き直すのも忘れ、慌てて安置所を飛び出して絶叫しました。しばらく言葉にならない奇声を発し続けたといいます。

この騒ぎで大勢の人が駆け付け、全てが明らかになりました。女子大生は仮死状態だっただけで実は生きていて、ガードマンの行為で意識が戻ったのです。

ガードマンは逮捕され罪に問われましたが、女子大生が生き返ったのはガードマンのおかげでもあるため、女子大生とその家族は

「あのまま安置所で何も起きなかったなら今ごろ死亡とみなされたまま解剖されていた。どんな形にせよ彼は命の恩人」

引用元: hessionchiro.com/archives/cat4-1289.html

として刑を軽くするように求めたとか。

次ページへ続きます

関連記事