魚の形の醤油さしに消毒液という画期的なアイデア → 便利な方法だけど、ある指摘にハッとさせられる・・・

魚の形の醤油さしに消毒液という画期的なアイデア → 便利な方法だけど、ある指摘にハッとさせられる・・・

コロナウイルスの感染が拡大する中、生活の中で欠かせなくなったのが「マスク」と「消毒液」。

特に消毒液は、家のドアノブや電気スイッチの除菌、買い物に出かけた時の手や買い物カートの除菌などに欠かせません。

そんな中、あるアイデアが話題となっています。

≪スポンサーリンク≫

醤油さしに消毒液を!

そのアイデアとは、お寿司やお弁当などを購入した際に付いてくる魚の形をした携帯醤油さしに消毒液を入れるというもの。

普段は捨ててしまう魚の醤油入れを再利用できること、そして何より、小さな携帯用の消毒液の購入ができず大きいボトルしかない時など、消毒液を携帯しづらい時にはとても便利です。

新型コロナウイルス感染症により消毒液が不足し、必要な人に流通していない現状から消毒液を多くの人に届けたいという思いと、イベント等の中止により弁当需要が激減し、窮地に陥っていた容器メーカーの救済をしたいという思いから生まれたアイデアです。

そして、この日本人なら誰もが慣れ親しんだ醤油さしを、コロナ禍でテイクアウトなどのお弁当商品を売り出す飲食店の方々に配布し使ってもらうことで、消費者がより清潔な状態で食事が取れることを目的にしています。

企業救済や衛生面を考慮したこのアイデアは賞賛される一方で、実はある問題点が。

映像作家として活動する寺島圭佑さん(@kskee)さんのツイートではその問題点を指摘しています。

このツイート、ハッとした方が多いのではないでしょうか。

次ページへ続きます

関連記事